初心者必見!分かり易い仮想通貨の購入方法(買い方)まとめ

初心者必見!分かり易い仮想通貨の購入方法(買い方)まとめ

仮想通貨を買いたい、取引をやってみたいと思ってる人は多くいるでしょう。しかし仮想通貨は専門的な知識が必用だったり大きく損をしてあったはずのお金がが借金に変わるかもと考える人も多数います。でも、そんなことはありません。専門的な知識や高額なお金も必要なく取引を始めることもできます。

その為に必要な知識として
○取引所に登録・必用な準備
○取引所と販売所
○手数料
○税金
等があり少しばかりですが解説していきたいとおもいます。

仮想通貨の購入方法(買い方):取引所に登録

仮想通貨取引
まず仮想通貨のの取引を始めるために仮想通貨を扱っている取引所に登録する必要があります。ほぼどこの取引所でも必要なものが、「メールアドレス」、「本人確認書類」「(自分名義の)銀行口座」です。

まずメールアドレスですがスマートフォン、パソコン両方で使えるメールアドレスが便利です。特にスマートフォンのみで使用のアドレスだと取引所からのメールが見れないこともありますのでパソコンとの共有アドレスをお勧めします。そのアドレスを使い取引所のアカウントを取得しましょう。

その次に本人確認書類をアップロードし記入していきますが、本人確認書類として、運転免許所、パスポート、マイナンバーカードなどを準備して各取引所の対応できるもので登録します。その他の確認書類につては各取引所によって準備する内容が違う場合がありますので確認が必用です。

その後銀行口座を登録して取引所からの認証待ちとなります。ネットバンクをご利用の場合は通常より早く処理されることもありますので検討されてもいいと思います。また2段階認証といって2つのゲートをぬける必要があるところが多いのでそちらの2段階認証の登録も必要です。そちらも各取引所で案内されますのでその手順にそって登録しておきましょう。

国内のどの取引所がいいのか?

国内のどの取引所がいいのか?と迷ったら金融庁の「仮想通貨交換業者一覧」から選ぶのをおすすめします。

まず、セキュリティーのしっかりした取引所を選びましょう。仮想通貨の出し入れはしにくいですが、安全性が高い「コールドウォレット」、送金に必要な鍵を複数の鍵で分散して管理している「マルチシグネチャ」というこの2つのセキュリティーに対応しているか確認して下さい。

他にも資本金の多さからからの信用性、ユーザーの数が多かったり流通が多いほど取引がしやすくなってます。また取引の際の手数料が各取引所によって変わったり、取り扱いの仮想通貨が限定されたりということもありますので、これらの点をふまえて取引所を選ぶのが大切です。

取引所と販売所の違いとは?

コインを購入する際に取引所からだけでなく販売所というワードに出くわすことがあります。この2つの違いとして取引所ではここを仲介に買いたいユーザーと売りたいユーザーが取引します。メリットとして手数料が安いとこです。デメリットは売買価格が市場の相場となるため希望価格での取引が成立しないことがあります。

販売所は販売業者との取引になります。購入時に取引所よりも高い購入価格になっていることが多く、購入時より価値が下がることもありますので注意が必用です。しかしすぐに購入したい方にはその価格で購入がで大量な売買ができることがメリットです。最初は取引所での売買が初心者の方にはお勧めです。

仮想通貨の取引手数料

手数料が取引する際の段階で複数かかってきます。できる限り手数料を抑えるためどの段階で手数料がかかるか説明します。

まず取引所に入金するときに手数料が発生します。登録の銀行口座からの振り込みで各銀行に応じた手数料がかかり(取引所提携の銀行口座であれば手数料がかからないことも)ATMやオンラインバンキング対応してればクレジットカードなどでの入金は24時間対応している分手数料が高くなってます。

次にコインの購入時、売却時に売買手数料が発生します。こちらはキャンペーンなどで取引所によっては無料になるところもありますので、各取引所を比べてみてはいかがでしょうか。最後に取引所から仮想通貨を現金に換えるときにも手数料がかかります。金額によって手数料が変わってきますのでこちらも比較してみて下さい。

最大4回の手数料がかかりますのでより少ない手数料の取引所を選ぶのも一つのポイントでしょう。

仮想通貨の税金

仮想通貨の利益は課税対象になり、確定申告をして税金を納める必用があります。昨年多くの人たちが利益を出したものの散財し税金を払えずに破産した人までいます。コインの収益が年間20万より上になった場合納税義務があり支払わなければ脱税に問われます。

取引所では今のところ税金を引いてはくれません。売買して得た金額が課税対象となり複数の取引で損失が出てもそれを差し引いて申告することが出来ず、計画性をもって取引しましょう。

申告するうえで必要な仮想通貨の取引履歴も保管が必用になります。

仮想通貨を始めるにあたっての知識として、多少なりとも参考にされれば幸いです。最後に自身の身の丈に合った取引をおすすめします。




関連記事一覧