Huobi(フォビ)

Huobiが2018年12月31日を持ち日本居住者へのサービス終了を発表

中華系仮想通貨取引所でシンガポールに本拠を置くHuobi(フォビ)が018年12月31日を持ち日本居住者へのサービス終了を正式に決定した事を発表した。日本の金融庁の圧力により日本居住者に対するサービスを7月2日に停止し、日本語ページを削除していたが、現在まで取引自体は行える状態だった。来年からは取引は行えなくなる。

平素よりHuobiをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

本年6月末に弊社より事前のご案内をメールで送信させて頂いておりましたが、Huobiは、外国において仮想通貨交換業を営む者による日本居住者向け仮想通貨取引サービスの提供に関わる資金決済法上の規制に鑑み、2018年12月31日をもちまして、現在ご利用頂いている「Huobi Global」における日本居住者であるお客様向けの仮想通貨交換取引サービスを終了させて頂くことになりました。

Huobi Globalへの入金停止:2018年11月26日

Huobi Globalでの取引停止:2018年12月31日

2019年1月1日からは外部ウォレットへの出金のみが利用可能となっている為、Huobiのみで売買出来る銘柄を持っている場合は、他の取引所でも交換可能な仮想通貨へ交換しておかないといけない。もし期限内に交換出来なかった場合も「カスタマーセンター」に連絡すれば個別対応を行い、他の仮想通貨への交換を行うとしている。

Huobiは日本進出の為の準備を進めていたが、規制を鑑み、既に金融庁から認可されているビットトレードを買収し、日本市場を開拓する予定。Huobi自体のプラットフォームは利用できなくなるが、ビットトレードをHuobiの取引システムへと順次移行させるとしており、Huobiで取引出来る銘柄が徐々にビットトレードで取引可能になるかも知れない。




関連記事一覧