仮想通貨ICOとは?儲かる?ICOの流れも併せて紹介

仮想通貨ICOとは?儲かる?ICOの流れも併せて紹介

仮想通貨はネットで簡単に取引所に登録出来たり安価で購入することが出来るためどんどん普及しています。仮想通貨を取引するときにいろいろな専門用語がありよくわからないまま取引をされている方も少なくないと思います。今回は雑誌やネットで頻繁に出てくる「新規仮想通貨公開」について解説していきます。

ICOとは

ICOとは

「ICO」というワード仮想通貨の取引していると耳にしたことがあると思いますがこれは「イニシャル・コイン・オファリング」といって企業が開発費や研究費用を到達する為に独自の通貨を発行して購入してもらい資金を調達することです。

購入者へのメリットとして「ICO」は取引所への上場を条件に発行しているものが多く上場と同時に価値が高騰するものもあります。
その為「ICO」の通貨は比較的安価で購入することが出来ることから儲けのでるチャンスがあるといえます。

しかし、「ICO」には規制がない為どの企業でも発行することが出来て中には上場しないどころか販売しただけで消えていく詐欺の可能性も含まれているので気を付けなければいけません。

ICO詐欺の特徴や詐欺に遭わないため見分け方

ICO詐欺の特徴や詐欺に遭わないため見分け方

では、詐欺コインを購入しないために何ができるのでしょうか。各仮想通貨には「ホワイトペーパー」という時価総額から発行枚数、どういった内容の企業で仮想通貨を使ってどのようなことをするのか、上場はいつどの取引所へするのが等が書かれています。

この「ホワイトペーパー」から企業の信憑性を見ていくのですが中々難しい面もありますのでまず注意したいのが「ロードマップ」と言われる今後の展開を期日を付けて説明してあるものです。その中に上場がいつなされるか、また予定かが書かれてますので明確に表記されているものほど信頼が出来るといえます。

次に発行量ですが一定の決まった数量を発行するところや年々増えていくところまた「∞」と表示されていたり様々ですが、発行数量が比較的少なく上限が決められた通貨の方が信頼性が高くなります。

後は資金用途など企業内でのプロジェクトについて書いてありますので、目を通してみて下さい。英語で書かれているものがほとんどですが、翻訳アプリをなどを使ってでも読むことをお勧めします。

ICOの流れとは?

ICOの流れとは?

まず企業は「ICO」を行う為に販売で得た資金の使用方法について発表し、ERC20などの技術を利用してトークン(引換券のようなもの)を発行し今後の上場までの計画を発表して販売を開始します。

「プレセール」や「クラウドセール」といった安価でボーナスを付けたものでこの方法で販売されます。主にネット上で広告を打ったり、自身のサイトを立ち上げて宣伝したりして購入者を募りますが、今では国内で「ICO」市があり実際にブースを設けて自身の企業や個人単位でプレゼンする場もあります。

販売数が上限に達したら販売終了となりあとは上場を待つだけとなります。

ICOは儲かるのか?

ICOは儲かるのか?

それでは「ICO」を購入した際必ず儲けがでるといえるのでしょうか。

過去の例ですが、国内初の仮想通貨のモナコインを見てみると2014年に3円前後での販売価格でしたがそこから2017年の10月前までにかけて50円近くまで伸びそこから一気に700円を超え、落ち着いたかに見えましたが更に2,000円まで駆け上がりました。
このように一気に600倍以上になるケースもあります。

ICOの価値が上がる理由としてICOでは一定の発行量で限られた人だけが購入することができ、それ以上に購入したい人が多くいれば上場した際に取引が開始されますのでそこで価格が吊り上がっていきます。

モナコインのように何故急激に上昇したのか!というとやはり大手取引所への上場のアナウンスが流れたためです。一度他の取引所に上場しても、さらに大手の取引所に上場すれば価格を上昇させる力があります。「ICO」はこの上場による上昇を約束することで販売を行っているケースもあります。

これだけを見れば「ICO」は確実に儲かるように見えますが、上場は上昇する仕組みのひとつであって必ずしも上場すれば上昇するとは限りません。

ICO割れとは?意味、理由、原因

ICO割れとは?意味、理由、原因

「ICO割れ」というワードを耳にしたことがあるのではないでしょうか。「ICO割れ」とは上場はしましたがその後に「ICO」で購入した価格よりも価値が下がってしまうこと言います。

何故上場したのに価格が下がってしまったのでしょうか。いくらホワイトペーパーに資金の使用用途を説明したり開発したりしても、そのもの自体が人気が無かったり開発自体が進まなかったり途中で潰れてしまったりとホワイトペーパーがあるからと言って確実に情報を収集するのは難しいことがわかります。また、ホワイトペーパー通りの発行を行わない様な会社もあるので注意が必要です。

上場すればまだいいですが、上場せずに消えていく詐欺まがいな「ICO」案件もあります。ロードマップも示さず、上場と共に売り抜く会社もあります。

一度「ICO」割れしてしまった仮想通貨は価格が戻るには難しいと言われています。しかしその中には将来性がある仮想通貨がごく稀に潜んでいる場合もあります。もしホワイトペーパー等でよく調べた「ICO」が上場前に購入できずに上場後「ICO」割れを起こしてしまっていたら購入のチャンスかもしれません。

その際は、何故下がっているのかを良く調べてから購入するか決めましょう。




関連記事一覧