ZUCK-COIN:2018年5月段階でのFacebookの仮想通貨計画

日本において注目されているicoの案件一覧

近年、世界的な流行となっているico。今回はこのicoの中で特に日本国内で注目されている案件を一覧にしてご紹介していきます。

日本でicoを行うためのプラットフォーム構築プロジェクト、COMSA

COMSAとは、テックビューロ社が近年にicoによる資金調達の総額がこれまで一般的だったベンチャーキャピタルの額を大幅に上回ったという時代背景に合わせ、日本国内でそのicoを可能な限りスムーズに行えるようにするためのプラットフォームを構築するということを目的として立ち上げたプロジェクトです。

世界的にicoを実行している企業は増えてきていますが、日本国内では難易度の高さから、実行したいのにできないという企業が多く見られます。このプロジェクトが成功すれば、日本国内でも海外と同様にicoというシステムが浸透していくことになります。

デジダルコンテンツの保護や流通を目的としたプロジェクト、ASOBI COIN

ASOBI COINとは、これまでにデジタルコンテンツの著作権がないことによって起きていた、2次流通の普及がない状況を変化させることを目的として、アソビモ株式会社が立ち上げたicoで発行される仮想通貨です。

具体的にはDSS(分散型セキュリティシステム)というシステムを活用することによって、これまで不明確だったとされているデジタルコンテンツの所有権を明確にさせることで、トラブルを起こすことなく2次流通を可能にさせようというのがこのプロジェクトの目的です。このプロジェクトはデジタルコンテンツが大きな産業の1つとなっている日本国内では大きく注目されています。

世界的な問題である地球温暖化などの解決を目的としたプロジェクト、XELS

XELSは、日本だけに限らず世界的に問題となっている地球温暖化などの自然環境に関するトラブルを解決していくことをゴールとして立ち上げられたプロジェクトです。このプロジェクトが日本国内で注目されている理由は、何と言っても既に目的を実現させるために必要な技術を開発してあるという点でしょう。

一般的にicoでは資金を調達してからシステムを構築したりすることが多いのですが、このXELSではそれに効果が実証されている技術が確立されているため、安心して参加できるようになっているのです。そのため日本国内でも注目され、人気が出てきています。

仮想通貨による取引をよりスムーズに行うための技術開発を目指した、FTEC

FTECとは現在どうかしてきている仮想通貨による取引をよりスムーズに、効果的に行うための環境を作り出すということを目的として立ち上げられたプロジェクトです。このプロジェクトが注目されているポイントは2つあります。1つ目は仮想通貨に対してあまり経験のない初心者の方だけでなく、既に経験を積んでいるようなベテランの投資家にも使えるようなシステム構築を目指しているということです。

そして2つ目は取引効率やスキル開発、クイックアクセスなどの多くの点において、その他の競合プロジェクトよりも優位性を確立させているということです。このようなポイントがあるためFTECというプロジェクトが日本国内で注目されており、実際にicoの評価サイトでもほぼ満点という高評価を獲得している実績もあります。

現在問題となっている信頼度の低い広告などの排除を目的としたALIS

日本ではここ数年でSNSやインターネットなどの発達などによって、氾濫していたステルスマーケティングなどを行うために作られた、クオリティや安全性が低いような広告や記事が見られました。信頼性の低い記事を排除し、高く信頼できるような記事のみを集めるということを目的としたプロジェクト、それがこのALISです。

具体的には日本国内で初めてとされているブロックチェーンの技術を活用することによって信頼度の高い記事を集めることを実現させるというのがこのプロジェクトの内容です。このような内容のため、コンテンツに関する問題が多くなってきている日本で今注目されているのです。

将来的に大きな問題となることが予想される水不足の解決を目的としたFirop

これまで世界中の人口は爆発的に増え続けています。そのため、人口増加に従って当然必要とする水の量も増えているのですが、科学技術などの発展によって始まったとされている汚染で、飲める水の量というのはこれまでに大きく減ってきているのです。この状況が変わらなければ将来的に水不足という大きな問題が起こると予想されており、その問題を起こさないようにすることを目的としているのが、このFiropというプロジェクトなのです。

具体的には、これまでの造水技術にあった二酸化炭素の排出などといった問題を解決する技術を効果的に作るための環境を作ろうというのが、このFriopというプロジェクトの概要となっています。このようにXELSと同様に世界的な規模の問題に取り組むような内容になっていることもあって、日本では現在多くの投資家から注目されています。




関連記事一覧