2018年はICOの調達額が2017年の総額を上回った?

2018年の調達額は90億ドル

2018年に入り、icoの勢いは止まりません。2017年と比較すると、1~5月の総額は2倍。90億ドルを突破しているというニュースが入っています。中国やアメリカなどで規制があったにも関わらず、去年よりも総額を超えているのは驚きの出来事でしょう。2017年は40億ドルに満たなかったと言われているので、ICOは成功したといっても過言ではありません。

スイスのクリプトバレー協会とPWCが共同して発表したレポートにも、調達額が増えていることを発表していますが、レポートのなかには米国・ヨーロッパ・アジアについてもこのように記載されています。米国では発行されたすべてのトークンは中央集権的システムを採用していること、ヨーロッパでは、たとえばFINMA(スイス金融市場監査局)はトークンを資産・支払い・ユーティリティートークンの3つに分類、アジアでは規制に統一感がありません。

そのためICOを厳格に禁止している国もあれば積極的に推進しているところなど、さまざまなタイプがあります。米国も「住民はICOに参加できない」など参加制限があるものの、中央集権的なシステムで管理したことで調達額をグンと上げることができたのでしょう。

特に調達額が大きいicoは?

なかでも、資金調達の金額がもっとも大きいのが「EOS」と「Telegram」です。EOSは、スマートコントラクトを採用した分散型アプリケーション作成に特化した仮想通貨のこと。1秒間に数百万件ものトランザクションが使用料無料で処理できるのが特徴になります。

現時点ではEOSトークンには使用価値はありませんが、ICOが終わってから48時間以内に移転できなくなることから、非常に資金調達に特化した通貨と言えます。しかし、block.oneに経験豊富なメンバーが多数いること、機能性が高いこと、今後プラットフォーム内で使われる可能性があるといった高い価値があるため、決済機能やプラットフォーム内で使えるといったことは期待できないかもしれません。

他にも、コンセンサスアルゴリズムにDPoSが採用されているのも今回貢献した理由のひとつかもしれません。このシステムは承認システムになっており、そのブロックチェーン参加者たちのなかで投票が行われ、取引承認者が決定します。そして、選ばれた承認者がブロックを生成することができます。これが、EOSの仕組みです。

一方でTelegramとは、ロシア最大のVKの創業者によって立ち上げられたサービスです。現在全世界で約2億人のユーザーが存在し、完全無料アプリ・ストレスフリー・強固なセキュリティ・通信スピードが速い・仮想通貨の最新情報を得られるなどのメリットがあります。ICOでは「TON」というプロジェクト名であり、同プラットフォーム上でトークンを使って国際送金が自由に手軽に行うことができます。そのため、より送金しやすくWeChat(中国のチャットアプリ)で送金するのと変わらない感覚で仮想通貨を利用することができるでしょう。

2017年はicoに失敗している?

失敗するというのは、プロジェクト自体がなくなること。要するに資金調達の金額がすべてなくなってしまうことをいいます。しかし、もともとICOの半分は投資額を失うと言われていますから、失敗はつきものです。2017年はICOの半分は失敗しているという結果が出ています。それには規制も考えられます。使えなくなった海外取引所によって大きく暴落した可能性もあるでしょう。

とはいえ、半分もの資金を失う可能性があるICOをそのままにしておくことは考えられません。現在、海外取引所では急速に仮想通貨の規制を行っており、ICOに好意的な国シンガポールでも規制がはじまっています。米国に代表されるように国が認めた特定のICOのみが参加できる可能性も十分にあり得るでしょう。

またICOは期待されています。それは、「ビットコインが大幅に下落している」「興味本位」の2つの理由が考えられます。2018年は5月の時点で2017年より資金調達の金額が2倍になっていますし、今後も期待できるでしょう。

ただ注意しなければいけない点も

「バブル相場」「代理店」「プレセールが1番安いわけではない」の3つです。2018年のICOは、2017年前期と違いプレセールでも価格上場ができないものがあると言われています。その理由は、仮想通貨の相場状況にあります。それは、バブル相場の設定価格だからです。完売するとどれくらいの資金になるかを全体で考えておくと良いでしょう。代理店も、数倍以上で売りつけてくるような詐欺のところもあります。もちろんまともな所もありますが、利用する際は十分な注意が必要です。

そして勘違いしやすいのがプレセールが確実にもっとも安いわけではないということ。クローズセールを少数で事前に行っている場合は尋常ではない高値になる場合もありますが、確実ではありません。ICOに参加する際は、十分な情報収集と注意が必要になるでしょう。




関連記事一覧