インド

インド政府が銀行のブロックチェーン研究を承認

仮想通貨には強固な規制を掛ける姿勢を見せているインド政府だが、ブロックチェーン技術に対しては、どの様に利用出来るか興味を持っている様だ。モディ首相率いるインド政府はExim Bank(輸出入銀行/エクシム銀行)が、分散帳簿とブロックチェーン技術に関して調査を行う事を承認した。

ソース:Business Standard

エクシム銀行は1982年にインドの輸出入銀行法の下で1981年に設立、インド政府が所有する専門金融機関で、資金調達、インドの対外貿易の促進および促進を目的として設立された。

この承認は事後承認で、既にBRICSの銀行間協力メカニズムの下で覚書を締結している。中国国家開発銀行、ブラジルBrazilian Development銀行、ロシアVnesheconom銀行、南アフリカDevelopment Bank of Southern Africaとの声明によると、既に研究は始まっている。

BRICS各国政府が協力し、金融界の業務効率向上や、分散台帳、ブロックチェーン技術の技術向上を目指している。




関連記事一覧