Intuit(イントゥイット)

米Intuit(イントゥイット)テキストメッセージでのビットコイン支払いの特許取得

米カリフォルニア州に本社がある世界最大手の会計・税務ソフトウェア・クラウドサービス企業Intuit(イントゥイット)が、ビットコインの支払処理に関する特許を取得した。同社はQuickBooks Bitcoin Paymentsサービスを開始した直後の、2014年に特許を申請した。

ソース:米国特許商標庁(USPTO)

7日、米国特許商標庁(USPTO)の発表によると、このシステムは2人のユーザーが携帯電話を使ってバーチャル口座の資金を送金出来るかを説明している。小規模企業が法定通貨の代わりにビットコインを受け取る事が出来る、ビットコイン取引プロセッサだ。

本方法は支払処理をする為の方法に関し、支払人のモバイル端末から支払いサービスによって、金額および送金先モバイル端末の識別を含む支払いテキストメッセージを受け取る事を含む。

支払いテキストメッセージの検証は、様々な方法で行われると説明している。

支払い処理をする為には「ユーザーの口座に関連付けられたパスワード」を介して送信する必要がある。別の手段としては「音声による通話」で音声メールを使用し検証する事を考慮しているそうだ。

未応答の音声通話は「機械によって送信されたランダムなメッセージ、またはスパムメッセージ」の潜在的な脅威と区別する事を目的としており、信頼できる支払いテキストの確認として機能する。

同社は、ビットコイン・ペイメント・プロセッサへのアクセスを改善する事を長い間、思案してきた。直近では中小・零細企業に対してBtoBの国際送金を仲介するプラットフォームを開発・運営するVeemと提携し、国際的な仮想通貨での決済を可能にしている。




関連記事一覧