ICO:仮想通貨IoT Chain(ITC)購入方法と価格・詳細・上場予定まとめ

仮想通貨IoT Chain(ITC)とは?特徴・注目点

IoT Chain(ITC)は、高速処理性能に優れた送金技術DAGという技術を活用した、IoTデバイスへ向けた仮想通貨のプロジェクトです。また、身の回りにある様々なものをネットワークで連携することで、相互通信や遠隔操作を可能にするシステムとも言えます。昨今の技術では、センサーなどの改良が進化したことで、IoTの利用は増加の一途を辿っています。その目的や特徴などがよく似ていることもあり、中国のIOTAともよばれています。

IoT Chain(ITC)の注目点1.手数料無料のDAGシステムを用いているので、送金手数料なしで送金ができる

2.IoTデバイスで取得したデータを安全に送信が可能

3.IoTに特化した仮想通貨

4.ブロックチェーンを使用しない

https://twitter.com/cococoin_chan/status/946547284635828224

IoT Chainは簡便なOSとして開発が進められており、DAG、PBFT、SPV、CPSなど4つの主な技術を組み込んでいることが特徴と言えます。

ビットコインなどに用いられるブロックチェーンにより、安全性は保たれているが、その分費用と時間がかかることが問題視されています。DAGを活用することで、これらの要素を解決できるとされています。また、非対称暗号化技術を採用することで、ハッキングやDdos攻撃などのクラッキングを回避できるとされています。このようにIOTに関わるコストの低減やセキュリティー強化はユーザーデータの収益化に大きく貢献しているといえます。

仮想通貨IoT Chain(ITC)現在の価格データ

仮想通貨IoT Chain(ITC)基本データ

発行元
シンボル(通貨記号) ITC
公開日 2017年12月
総発行枚数と販売枚数 1億枚
ICO価格 $0.0002
ブロックチェーンタイプ ETHベース
ホワイトペーパー こちら
公式サイト こちら
公式ツイッター こちら
公式フェイスブック こちら
公式テレグラム こちら
公式YouTube こちら
DISCORD こちら

 

仮想通貨IoT Chain(ITC)の将来性・今後の見通し

現在は、色々な開発や改良がされておりますが公式によると2018年内にIOTプラットフォームが稼働して本格的に利用できる予定というのが大きな注目になるかと思います。また、分散型ネットワークの特性にもあるように、世界中で利用可能となります。更にこの時期に目処がたてば、価格の上向きに大きく期待できると思います。

なお、DAGを利用することで取引量増加にも対応できる他、手数料も無料で時間も短縮されるなど、素晴らしい内容だと思います。

しかしながら、DAGはまだまだ開発されたばかりで日が浅く、安全の確証が得られてないのも事実です。万一、セキュリティーを抜けられてハッキングなどが起こると命が危険に晒される可能性も否定できません。現時点では問題は生じていませんが、その信用をどのように勝ち取るかがこれからの見どころになると思います。

仮想通貨IOTA(アイオータ)との競合

IoT Chain(IoTチェーン/ITC)」には類似機能を持つ、仮想通貨IOTA(アイオータ)の存在があります。です。IOTAはライトニングネットワークなどの専門的で先進的な技術を多く取り入れて開発されてきました。ITCでは一般人でもわかりやすくて使いやすいプランと、安定性に優れた機能の開発が進められています。

・類似点

DAGを取り入れている

IoTにおけるセキュリティーなどの問題解決を目指している

また、IOTAでは最先端技術を採用しているが、安全性や安定性が不安定であるというデメリットもあるようです。今後は差別化を図りつつ開発と改良の進展でIOTをどこまで支えるかが時価総額を左右すると思われます。

仮想通貨IoT Chain(ITC)対応ウォレット

マイイーサウォレット

メインネット移行の為に、専用のウォレットを開発中

仮想通貨IoT Chain(ITC)の評判・口コミ

仮想通貨IoT Chain(ITC)取引可能な取引所、購入方法(買い方)

Huobi、Bibox、OKEx、Tokencan、Coinrail、DDGX、bithumb、KuCoin、CEX.comで購入可能です。

※IoTは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコイン(BTC)、もしくは、イーサリアム(ETH)を購入して、上記取引所に送金して売買することになります。




関連記事一覧