ユベントス

ユベントスが独自仮想通貨を発行しファンとの繋がりを強化し進化へ

サッカー界のスーパースターである、クリスティアーノ・ロナウドが今季移籍し所属している事でも話題の、イタリアセリアAユベントスが、「Socios.com」と戦略的パートナーシップを締結し「ユベントス公式ファントークン」を立ち上げた。このトークンはファントークンオファリング(FTO)を通じて配布される予定だ。

先々週にフランスを代表するサッカーチームのパリ・サンジェルマン(PSG)が、ブロックチェーンプラットフォームSocios.comと戦略的パートナーシップを締結した事を発表し、独自の仮想通貨PSGコインを発行する事を検討していると報じたが、このプラットフォームにユベントスも参加した。

PSGと同様に、ユーベファンはモバイル投票とプラットフォームを通じてクラブと交流する事が出来る。トークンには金銭的役割ではなく、所有者にチームユニフォームや親善試合の相手の選択などを投票して選択する事が出来る様になる模様。

Socios.comでは更なる参加チームの発表が控えている様で、ビッグクラブが次々に参加すれば。サッカー界では仮想通貨がチームや選手とサポーターをより近づける物と言うのが当たり前になる可能性がある。




関連記事一覧