韓国

韓国銀行連合会ブロックチェーンID認証「BankSign」開始

韓国銀行連合会(KFB)が、7月からブロックチェーン技術を利用した顧客ID認証サービス「BankSign(バンクサイン)」を開始する。

ソース:韓国銀行連合会(KFB)

ブロックチェーン技術を利用しオンラインバンキング、モバイルバンキングの両方で数十年前に導入した認証システムを改善すると期待されている。

KFBは今年の4月に2017年11月に国内銀行部門におけるブロックチェーン技術の研究と実装の為のコンソーシアムを設立した事を明らかにしていた。

今年まで韓国の銀行は20年前の公的銀行のセキュリティシステムを使用する事を余儀なくされていたが、これは非常に非効率的かつ時代遅れのものだった。韓国政府は、国内機関が公的認証制度を使用する事を義務付けた「デジタル署名法」の方針を転換させた。

KFBの広報は「バンクサインは銀行同士が共同開発したブロックチェーン技術を利用した最初のプロジェクト」と述べた。

ブロックチェーンプラットフォームはサムスンのIT子会社であるサムスンSDSが開発した「Nexledger」上に構築されている。

Nexledgerを利用すると顧客は1つのID認証を利用して多数のサービスへのアクセスが出来る様になる。サムスンは2016年10月にNexledgerブロックチェーンをクレジットカード会社であるサムスンカードでテストを行っている。




関連記事一覧