HBウォレット

ICO:仮想通貨【絆コイン(KIZUNACOIN)】購入方法と価格・詳細・上場予定まとめ

仮想通貨絆コイン(KIZUNACOIN)とは?特徴・注目点

「絆」は日本人の心の支えになる言葉の一つかもしれません。そんな「絆」という言葉を使ったコイン「KIZUNA」が誕生しました。しかも、このコインを手掛けたのは、「5ch」です。(旧2ch)「5ch」と言えば「MONA」コインも開発していて「もにゃ」というアプリも存在します。

「KIZUNA」コインは言葉の通り国産のコインになります。一番の特徴として独自のブロックチェーン技術を使用して開発されましたが、2018年7月に様々なブロックチェーンが持つ課題を解決することが出来たと言われる、次世代のネットワーク「DAG」に切り替えられました。「DAG」技術の採用は国内初となっています。

KIZUNACOINの注目点1.「DAG」という技術で「ブロック」一つ一つを複数の「ブロック」と繋ぐことで情報の解明がより速く行うことが出来る。

2.5ch発の仮想通貨で話題性も高い。

3.上場を予定しているとアナウンス

仮想通貨絆コイン(KIZUNACOIN)「ブロックチェーン」と「DAG」の違い

ビットコイン誕生の裏側にあるブロックチェーン技術は取引履歴の集合体である「ブロック」をチェーン状に一つ一つを直線状に繋いだもののことで、膨大な情報量から作成されていることからハッキングからの安全性が高くなっていますが、その処理能力に人為的なもの必要になることから手数料が発生したり、取引が多くなると対応が出来ないなどの課題が挙げられていました。

https://twitter.com/cococoin_chan/status/946547284635828224

この課題を解決するために生まれたのが「DAG」という技術で「ブロック」一つ一つを複数の「ブロック」と繋ぐことで情報の解明がより速く行うことが出来る技術になります。また一つ一つを複数に繋ぐことが出来ることから取引履歴を「ブロック」で形成する必要もなくなり、より多くの取引の処理が可能になります。

この処理の簡素化によって処理に必要な作業が無くなり手数料が発生せずに多くの取引が可能になります。

仮想通貨絆コイン(KIZUNACOIN)/BTCのテクニカル分析

上場前でデータがありません

仮想通貨絆コイン(KIZUNACOIN)現在の価格データ

上場前でデータがありません

仮想通貨絆コイン(KIZUNACOIN)現在の価格チャート

上場前でデータがありません

仮想通貨絆コイン(KIZUNACOIN)基本データ

発行元 KIZUNA Ink.
シンボル(通貨記号) KIZUNA
公開日 2018年6月
総発行枚数と販売枚数 200億枚(40億枚)
ICO価格 0.001円
ブロックチェーンタイプ ブロックチェーンではなくDAG
ホワイトペーパー
公式サイト こちら
公式ツイッター こちら
公式フェイスブック
公式テレグラム こちら
公式YouTube
公式DISCORD こちら

 

仮想通貨絆コイン(KIZUNACOIN)の将来性・今後の見通し

現在の「KIZUNA」コインは2018年5月に販売開始された新しいコインで、発行枚数は200億枚となっています。一般に売却されたコインは50億枚でなんと1Satoshiでのプレセールとなりました。新技術、話題性からプレセールは一気に売れてしまいました。

エアドロップで7億枚配布されていることから、残りの約140億枚のコインを運営側が所持しているという通常ではあまりない保有率になっていますが、これは未だ「DAG」の技術に対して未知数なところもありその開発にかかる費用の為に所有してるとのアナウンスがおこなわれています。

また上場先は発表されていませんが、年内には上場する予定との発表がなされています。そして上場後最低でも2か月半はロックアップがかかるアナウンスもなされています。

今現在(2018年8月)公式サイトはウォレット、ホワイトペーパー共に編集中の為閲覧出来ませんが、ディスコードやツイッターで情報の更新が行われていますのでこれらのサイトをチェックしてみて下さい。

仮想通貨絆コイン(KIZUNACOIN)が取引可能な取引所と上場予定

仮想通貨絆コイン(KIZUNACOIN)対応ウォレット

専用ウォレットがホームページよりダウンロードできます。

仮想通貨絆コイン(KIZUNACOIN)の評判・口コミ

仮想通貨絆コイン(KIZUNACOIN)購入方法(買い方)

上場前です。




関連記事一覧