韓国

韓国政府ブロックチェーン技術開発等に今後5年で約1兆円程度の支出を行う事を発表

韓国経済副首相兼企画財政部長官の金東亜(キム・ドンヨン)副首相は、8月13日に開催された第5回「革新による成長」閣僚会議を開催し、その方法について協議し、その内容について企画財政部が発表した。

ソース:企画財政部

政府は、その影響力が強く、広範囲に及ぶプラットフォーム経済に取り組むことを決定した。私は、今日の「革新による成長」の議論を、韓国が強いプラットフォーム経済を発展させる出発点にしたいと考えている。省庁と民間企業の専門家がプラットフォーム経済の発展の方法について議論してきたが、我々は長期的視点で投資を継続する4つのプロジェクトを打ち出した。

1)ビッグデータのためのデジタルプラットフォームの構築

2)データの分散を容易にする

3)水素燃料電池のサプライチェーンを構築する

4)必要とされる適格な労働力の需要を満たすための教育プログラムを開発すること未来

この様にブロックチェーン技術も革新による成長分野に入っている。これらのプロジェクトには、今後5年間で9兆〜10兆ウォン(約8800~9800億円)が投資され、来年は1兆5000億ウォン(約1470億円)が支出されるとしている。

韓国では政府主導で大規模な投資がスピーディーに行われ様としている。




関連記事一覧