【画像付き】Zaif(ザイフ)口座開設・口座登録・手続き手順まとめ (18)

ICO:仮想通貨Lambda(LAMB)購入方法と価格・詳細・上場予定まとめ

仮想通貨Lambda(LAMB)とは?特徴・注目点

Lambda は、膨大なブロックチェーン処理をLambda ChainとLambda DBを分割して実装することで、個人のプライバシー保護をはじめ、クロスチェーンデータ管理、マルチチェーンデータ共同ストレージなどを行い、解決する技術開発のプロジェクトです。判りやすく言えば、個人情報を保護しながら、公共データへとアクセスします。公開データはLambdaのプラットフォーム上で閲覧、確認、保管、利用することが可能です。

大きな注目点として、とがカギを握っているといっても過言ではありません。この2つのシステムを導入することでいくつものことを解決へと導いてくれます。

Lambda(LAMB)の注目点1.Lambda Chain(ミリオントランザクション・シャーディング・クロスチェーントレード・スマコン)

2.Lambda DB(データベース機能)

3.2つのシステムを導入する事でいくつもの事を解決へと導ku

信頼性と安全性の高いデータストレージ

このプロジェクトでは、データ共有を促進し、Lambda を経由することで、信頼できるあらゆるタイプのデータ別に QoS(Quality of Service) ストレージによる共通の利益を産み出します。

パブリックデータアクセスとトランザクション

個人の行動パターンに代表されるビックデータなどへの共有データアクセスとトランザクションを可能にするデータインフラストラクチャが必要になってきています。これらの公開データは、Lambda のプラットフォーム上で使用することが可能になります。

個人情報保護の権利と保護

プライバシーがデータ化することで、保護の観点から大きな課題となっています。また、個人や企業、政府も含めて様々な問題があるもの事実です。Lambda は、プライバシーデータの暗号化と署名、個人認証とアクセス制御、暗号化されたデータを用いて安全性と信頼性が高いプライバシーを保護されたデータストレージとアクセス機能の提供が可能です。

IoT データストレージ

Lambda は小さなデータの価値を測定することが可能です。そのデータをリソース提供することでトークンのインセンティブを得ることができます。 Lambda は、IoT の分野におけるデータ収集、伝送、記憶、計算及びデータトランザクションのシステム提供が可能です。

人工知能データ

Lambda はビックデータなどのストレージスペースのネットワークを構築します。Lambdaのプラットフォームでの契約を行い、ユーザー(データ所有者)は販売することができます。また、時系列データを分析することで、分析結果のみの販売も可能です。

仮想通貨Lambda(LAMB)基本データ

発行元
シンボル(通貨記号) LAMB
公開日 2018年9月20日
総発行枚数と販売枚数 100億枚(30億枚)
ICO価格 2018年9月20日~10月2日
1LAMB = 0.01USD
ハードキャップ:$5,000,000
ソフトキャップ:$3,000,000
ブロックチェーンタイプ ETHベース
ホワイトペーパー こちら
公式サイト こちら
公式ツイッター こちら
公式フェイスブック こちら
公式テレグラム こちら
公式YouTube こちら
DISCORD

 

仮想通貨Lambda(LAMB)の将来性・今後の見通し

概要としては、2つのシステムを導入することで膨大な量を分散化することで速く安全に処理ができるという内容です。本当に実現したらすごい内容ですが、あとは実現できるかどうかというところです。期待したい気持ちもありますが、様子見というのが堅実だと思います。

仮想通貨Lambda(LAMB)対応ウォレット

マイイーサウォレット

仮想通貨Lambda(LAMB)の評判・口コミ

仮想通貨Lambda(LAMB)ICObench評価

ICObenchでの評価はまずまずですが、詳しく調査するエキスパート評価は無い状態です。

仮想通貨Lambda(LAMB)取引可能な取引所、購入方法(買い方)

未定




関連記事一覧