ビットコインATM会社LibertyXと一般的なATMメーカーであるGenmegaが提携し米国で最大10万台のATMでビットコインが購入可能に

ビットコインATM会社LibertyXと一般的なATMメーカーであるGenmegaが提携し米国で最大10万台のATMでビットコインが購入可能に

BitcoinのATM会社「LibertyX」と一般的なATMメーカーである「Genmega」が提携し、米国において最大10万台のATMでデビットカードを使用し、ビットコインを購入する事が出来る計画を推進予定だ。

GenmegaのATMはは主に独立したデプロイヤーに対応している為、ATMにビットコイン購入機能を追加する為には、新たなアプリケーションが必要になる。それを作成した後、ATMからビットコインを購入しウォレットに送信する為のソフトも必要になる。

AMTでビットコインを購入するのは、現金を引き出す事とあまり変わらないので、ビットコインを購入しやすくなり、新規ユーザー獲得には非常にメリットがあるだろう。LibertyXは仮想通貨ATMをユーザーフレンドリーにする事は、BitcoinATM会社が設立されて以来、最優先事項だったとしている。

LibertyXの共同創設者兼CEOのChris Yim(クリス・イム)氏はプレスリリースで「我々は過去5年間、簡単に仮想通貨を購入出来る様にする為に勢力に取り組んできたし、シンプルで利便性と信頼をもたらしている」と発表した。

現在ビットコインATMは世界的に見ると米国が1番多く2330ヵ所に設置してあり、大都市では100台以上がある。米国のATMメーカーには世界の32%のシェアを持つ世界有数のビットコインATMメーカー「Genesis Coin Inc」もある。

最大10万台の内、どれだけの数のATMが対応するのかは不明だが、米国において更にビットコインATMが大幅に増える事る事になる。




関連記事一覧