ICOと宝くじではどちらが儲けやすい?

icoで儲ける確率

仮想通貨に成功した人のなかには、「億り人」といって億単位の資産を築いた人もいます。それを聞いて、「僕(私)も仮想通貨で儲けたい!」と思う人は少なくないのではないでしょうか。最近はTVCMでもお馴染みになっているので、「簡単に稼げる」と思われがちですが、実際は非常に難しい賭け事です。ギャンブルというと言い方が悪いですが、投資したお金が何十倍にも何百倍にもなることを考えると、ギャンブルと共通するものはあるでしょう。

それはさておき、仮想通貨で儲けられるか否かということが問題です。そもそも、仮想通貨は価格変動が激しく、一気に上昇したと思えば急激に下降します。場合によっては、1年で価格が100倍になるケースもあり、しかしその予測は簡単ではありません。そして、投資したお金がすぐに上昇するわけでもなないのです。ただ儲けることができるかできないかでいうと、できます。でも、億り人になれるかといったらその確率はかなり低いと言えるでしょう。それなら、仮想通貨のicoなら…?

icoとは、トークンのこと。通貨として公開される前に、割安で買うことができるものです。ほとんど価値のない状態から価格が上昇すれば、当然資金は〇倍にもなるでしょう。公開されていないトークンですから、将来有望のあるものを見極めるのは非常に難しいことですが、成功すれば資産は大きくなり、億り人になれる可能性は十分あります。ただ注意してほしいのはギャンブルのように儲けられないということです。ですから、少しでも儲けたいのであれば情報をしっかり収集することが大切になります。詐欺も多いので、その辺もきちんと理解しておく必要があるでしょう。

宝くじで儲ける確率

では、宝くじではどうでしょうか?ICOは、投資なので金額に差はあるものの儲けることはできます。しかし宝くじでいわゆる億り人になれるケースは少なく、当たる確率も0.000005%と言われています。1枚300円で2000万枚買ったとしても当てるためには相当な金額が必要になるというわけです。要するに、億万長者になるのは夢のまた夢の話と言えるでしょう。

ICOと比較するものではありませんが、どちらが儲けやすいかといったら断然仮想通貨のほうになるでしょう。お金を積んでも一銭にもならないかもしれない宝くじと、多少はお金になる仮想通貨やICO。どちらが良いかといえば後者ですし、儲けやすいのも後者になります。

FireLottoならロトくじ・ルーレットゲームもブロックチェーンできる?

FireLottoとは、最新のブロックチェーンくじのこと。分散抽選プラットフォームで、ETHのスマートコントラクトをベースに構築されているのが特徴です。人気のあるロトくじとルーレットゲームがあり、プレセールやくじ開催ごとの収入、価格上昇の可能性などのメリットを得ることができます。プレセールでは、固定の安い金額で購入することができますし、くじ開催ごとの収入は販売されるごとに売上に対してコミッションを得られます。またスマートコントラクトが規定されているので、配布が遅れることも不払いなどの心配もないでしょう。さらに、FireLotteは仮想通貨と同じように価格上昇が期待できます。

重要な特徴を挙げると、1.売上8割を還元できる高還元率、2.スマートコントラクト構築で抽選の仕組みや当選結果プロセスなどが分かる、3.シンプルなブロックチェーン、4.ICOはすでにサービスが稼働している。1は、くじに7割・トークンホルダーへ1割還元されることになります。また完全に匿名で利用できるのも嬉しいでしょう。

Quantaも上場

さらに、くじの要素を持っているQuanta(クオンタ)も上場しました。仮想通貨にくじ機能が融合されるということは、高還元や不正防止、インカムゲイン、国境の垣根がないといったメリットになります。FireLotteも高還元率がメリットとなっていますが、クオンタは85%にもおよぶ還元率の高さだと言われています。また人間が一切介入しないので、販売所も不要ですし、発券する必要もありません。通常、くじの発行・販売・抽選・換金などいくつかの工程が必要になりますが、仮想通貨のくじならそれらが省略されるのでほぼ経費がかからないといって良いでしょう。また現在日本ではくじの還元率が約46%と低下しています。それを考えると、85%の還元率はかなりメリットになると言えるでしょう。また国境の垣根がないので、日本国外のくじも購入できます。日本国内以外で買えるということは、当然還元率は倍近くになります。

そのうえ、不正防止やインカムゲインが期待できます。インカムゲインは株や債券を保有することで利息や配当金などを得られるというもの。クオンタにはこれが存在するので、発売されたくじの総売上5%が配当されるというわけです。また一定のクオンタを保有するとくじの販売代理店を行う権利も得ることができるでしょう。




関連記事一覧