松居一代

松居一代ニューヨーク旅行はミンドルの招待では無く自費だと強調

仮想通貨MINDOL(ミンドル)をPRしていた松居一代さんだが、発行し運営しているミンドル社との対立しているのではないかと先週話題になった。ブログにもミンドルとの深い関係を様々書いていたが、10月にはニューヨーク旅行とミンドルPRが重なる時期があった為に、ネットでは「ミンドルから招待されただけ」と言う声も上がっていた。

2018-10-04 12:00:00投稿
「今朝起きたら一通の手紙が届いていました…お手紙の内容は…あたしに…幸運をもたらせてくれているMINDOL社の人もニューヨークに来ているんですね…」

2018-10-04 14:23:01投稿
「けさ。。。突然…仮想通貨 ミンドル社様からディナーのお誘いをいただきましたよねぇ…」

2018-10-05 12:00:41投稿
「ミンドル社様からのご招待の件ですが…」

2018-10-09 11:00:03投稿
「今回の旅の目的のひとつは仮装通貨ミンドルちゃんの広告を…タイムズスクエアに見に行くことでした」

それに対し本日、オフィシャルブログで何故アメリカはニューヨークに出掛けたのかを説明し、更にその際の支払いに関する画像を添付して反論した。

なぜ…アメリカはニューヨークへ出掛けたのか正直にお伝えいたします

刑事告訴事件が不起訴になったからです もし、もし…起訴に、なったならば罪を犯した人間になってしまいアメリカ入国が難しいもしくは、入国出来ません しかし9月19日検察庁様のご判断で不起訴処分となりました おかげさまであたしの人生の夢アメリカ進出の望みは繋がったわけです

だから…あたしは10月1日からニューヨークへ出掛けたのです 愛する息子達3名も同行しました 請求書 通帳 振込記録 領収書ご覧ください

画像はこちらから

画像を見ると確かに支払いは松居一代さんが行っている様だ。しかし、現状のミンドルとの関係、ミンドルとの対立に関しては何も書かれていないので分からない状態。これまでのブログの内容から、かなり深い関係でありPRを行っていた事は分かります。ミンドル社は取材に対応したそうだが、公式HPやツイッターなどでは何もコメントしていない状態。大きなお金が絡む問題でありハッキリとした事は言えなくても、透明性を確保し他の保有者の利益を守る為にも何らかのコメントは出すべきだ。




関連記事一覧