韓国の未来創造科学部(MSIF)「ブロックチェーン技術開発戦略」を発表

韓国の未来創造科学部(MSIF)「ブロックチェーン技術開発戦略」を発表

韓国の未来創造科学部(MSIF)は、ブロックチェーン技術の世界的な競争力を確保し、大きな成長の可能性を秘めた市場を拡大する為に、21日「ブロックチェーン技術開発戦略」を発表した。この戦略の中で、今後4年間で2億7000万ドルの投資を計画している。

ソース:MSIF

■公共サービスを効率化し、国民が体感できる民間主導ブロックチェーン国民プロジェクトの進行。

■ブロックチェーンの核心技術の開発と性能評価を提供するブロックチェーン技術サポートセンターを設立し、2022年までに先進国と比べ90%水準の技術競争力を確保。

■専門の人材1万人を養成、グローバル競争力を持つブロックチェーン専門企業を100社以上に増やす為に育成。

今年の6つのモデル事業とし推進する事

1.飼育から食肉販売に至るまでの畜産物の履歴管理の全段階で情報を共有し問題発生時の追跡期間を短縮。

2.物流で注文から出荷、配送、通関などの全過程を記録、時間の短縮や物流コストの削減。

3.不動産取引に利用し不動産担保ローンの要求時に書類の提出のために、住民センター、国税庁などのいくつかの関係機関を訪れないといけない煩わしさを解消。

4.オンライン投票

5.国家間の電子文書送受信

6.海運物流

ブロックチェーン国民プロジェクト

小・中・高等学校給食材料の流通履歴をブロックチェーンで管理し、生徒に安全な学校給食を提供。

中古車履歴管理に利用し販売・購入間の情報の差異を解消。

通信、カード、航空等でのポイントを貧しい人に寄付するプラットフォームの構築などが挙げられている。




関連記事一覧