仮想通貨【MyToken (MT)】購入方法と価格・詳細・上場予定まとめ

仮想通貨MyToken (MT)とは?特徴・注目点

MyTokenは中国で1番人気の仮想通貨アプリです。主な用途としてMyTokenの中での手数料やコンテンツなどの利用料として利用可能です。また、ユーザーにとってはMTがないと取引などができない環境にあることも見逃せません。しかも、リリースされたのが2017年の7月であるにも関わらず利用者も40万人超と人気の通貨と言えます。要素としては、多くの取引所データ、銘柄情報などを広範囲で提供していることだと思います。

MyTokenの注目点1.MyTokenは中国で1番人気の仮想通貨アプリ

2.MyTokenが発行する仮想通貨で中国でもかなりの人気になっている

3.仮想通貨の時価総額や市場の動向、人気の通貨などを一覧形式で見ることが出来る便利なアプリ

仮想通貨MyToken (MT)現在の価格データ

仮想通貨MyToken (MT)基本データ

発行元 Tokenpia Limited
シンボル(通貨記号) MT
公開日 2018年5月
総発行枚数と販売枚数 40億枚
ICO価格
ブロックチェーンタイプ ETHベース
ホワイトペーパー こちら
公式サイト こちら
公式ツイッター こちら
公式フェイスブック こちら
公式テレグラム こちら
公式YouTube こちら

 

仮想通貨MyToken (MT)の将来性・今後の見通し

2018年の方向性として、通常の広告に加え、プロジェクトの発行、集計トランザクションサービス、インターフェイスサービスの手数料などを収益としていく予定です。これらは、開発側とユーザーとのコミュニケーションがすでに活発になっているという理由となっています。これらの総利益は莫大な人民元であり、MTそのものがトークンを買い支えする機能を備えていることになりますので、MTの成長は高いと思われます。また、すでに製品が実装されているということも期待感が高まります。

MyTokenのプロジェクト概要

・ユーザーは、トークンを活用することで仮想通貨をはじめとする多くの投資機能を利用できる。

・ブロックチェーンアプリストアの利用で、分散型アプリ購入に活用できる

・ユーザーでもコンテンツを投稿することが可能で、優良な情報(投稿)の場合は、コミュニティ上に公開されることもある

・開発側あるいは広告主は、MTトークンの活用により双方に恩恵を受けることができる

具体的な例として、広告主が利用料を、ユーザーは報酬をMTでのやり取りが可能となります。やがて、開発が進めばMTの価値が成長するものと考えられます。さらに、アプリの中でマーケットを構築するというイメージです。

仮想通貨MyToken (MT)対応ウォレット

マイイーサウォレット

トークンの確認方法

・トークン契約アドレス:0x9b4e2B4B13d125238Aa0480dD42B4f6fC71b37CC

・トークンシンボル:MT

・ケタ数:18

仮想通貨MyToken (MT)の評判・口コミ

仮想通貨MyToken (MT)購入方法(買い方)

Bibox

CPDAX 

CoinTiger

※MTは日本円で直接買うことはできません。国内の取引所でビットコイン(BTC)、もしくは、イーサリアム(ETH)を購入して、上記取引所に送金して売買することになります。

仮想通貨MyToken (MT)エアドロップの貰い方

200円分(120MT程度?)のエアドロップがあります。

受付HP:http://jp.mikecrm.com

ニックネームと、MyEtherWalletのアドレスを入力して「提出」ボタンをクリックでOKです。




関連記事一覧