NRIセキュアテクノロジーズ

NRIセキュアテクノロジーズがブロックチェーンシステム技術を用いるスマートコントラクトを対象にセキュリティサービスを開始

野村総研の情報セキュリティ専門企業「NRIセキュアテクノロジーズ」がブロックチェーン技術を用いるスマートコントラクトを対象に、セキュリティ・モニタリングサービスを提供開始した事をニュースリリースで発表した。第一弾として、Ethereum(イーサリアム/ETH)上のスマートコントラクトを対象にモニタリングサービスを実施する。

スマートコントラクトは、あらかじめ設定した条件に合致する取引の申請が発生すると、プログラムにより所定の契約が自動的に実行される仕組みです。証券決済、不動産取引、シェアリングエコノミーなどのさまざまな領域で、適用が検討されています。

一方、仮想通貨取引所への不正侵入や、ブロックチェーンの脆弱性をついたサイバー攻撃とそれに伴う被害が増加する中、スマートコントラクトを標的にした攻撃事例※2も見られるようになっています。そのため、スマートコントラクトの開発者や導入企業は、常にセキュリティの脆弱性に関する情報を把握し、開発したプログラムが攻撃の対象になりうるかどうかを、確認しておく必要があります。

本サービスは、NRIセキュアが以前から提供している、セキュリティログ監視サービス「NeoSOC」に、複数のスキャンツールを導入することで実現しました。「NeoSOC」では、対象となるスマートコントラクトの動きをモニタリングし、新たな脆弱性を検知した場合、本サービスの契約企業に通知します。通知を受けた企業は、該当するプログラムの利用やシステムの処理を停止するといった措置をとることで、攻撃を防ぐことが可能になります。

今回のツールには、米国のフィンテック企業ConsenSys Diligence Incが提供するスマートコントラクトのセキュリティ診断・分析ツール「Mythril(ミスリル)」が含まれている。



関連記事一覧