NTT

NTTがブロックチェーン技術を利用した契約方法の特許を取得

日本の通信大手NTTが19日にブロックチェーン技術に基づいた新しい契約システムに関する特許を取得した。

ソース:米国特許商標庁(USPTO)

USPTOに出願し認めらた特許を見ると、世界第4位の電気通信プロバイダーであるNTTは、文書改ざん等の不正が無い様に契約書を保管する為のアプリケーションをどの様に利用するかを述べている。この特許のシステムではブロックチェーンを利用して契約を暗号化するだけでは無く、分散された方法で格納する為、集中管理システムの必要性を排除し、そのプロセスを簡素化出来る。

本発明は、複数の当事者間で行われた契約の証拠としてブロックチェーンを利用する。ここでの契約とは、販売契約、譲渡証書、申請書、同意書などを指し、2人以上の個人や団体の契約内容。

契約に関与した当事者らは仮想の契約トランザクションにリンクされ、電子署名に使用された公開鍵と最後に使用された公開鍵を比較する事によって、ブロックチェーン上の契約が正しいかどうか判断する合意検証システムが存在している。

NTTによるとシステム全体ではトランザクション毎に1つの電子署名を維持し信頼性を維持する簡単な方法だとしている。




関連記事一覧