中国

人民日報と迅雷(Xunle)が提携しブロックチェーン研究所を設立

中国共産党中央委員会の機関紙である人民日報の子会社でベンチャーキャピタル部門は、迅雷(シュンレイ/Xunlei Limited)との間で戦略的パートナーシップ契約を締結した事が分かった

今回の提携により「Blockchain Research Institute」の一環として、両社によって技術革新研究所を設立する予定とし、様々なビジネスシーンで基礎技術としてブロックチェーンの利用メリットを探る為に協力する。

更に情報共有を促進し、イノベーションを促進させ、ブロックチェーンセクターにおける潜在的な新興企業を特定する為、ワークショップ、業界セミナー、アプリケーション競技などのオフライン活動を組織する為の高レベルの産業サービスプラットフォームが構築される。

Blockchain Research Instituteはブロックチェーン技術の研究プラットフォームとして機能している。両社はそれぞれの強みを活かし、ブロックチェーンの革新、採用、プロモーションを強化するために密接に協力していく。

迅雷は世界的にブロックチェーンインフラストラクチャとサービスプロバイダをリードする企業の1つ。1秒間に100万件を超えるトランザクションを処理でき、強力なスケーラビリティと安定性、Thunder Chain File System(TCFS)ブロックチェーンアプリケーション用の分散型ファイルストレージおよび伝送システムである、ブロックチェーンサービスThunderChain Open Platformを開発している。

習近平国家主席が次世代の核心技術として国を挙げて研究に取り組ませている事が分かる。




関連記事一覧