ビットコイン1BTC今後6ヶ月で2万ドル、年内に2万5千ドルと世界的な予測も

著名投資家「新規参入者がギブアップする反面、強者はビットコインを蓄積し続ける段階に入っている」

大幅下落を続けている仮想通貨市場だが、米市場時間11月25日の価格下落は売りが低水準だった為に、仮想通貨市場の短期的傾向の兆候となっている可能性がる。

ビットコイン価格が11月頭に5000ドルの低水準に下落した時の取引総額は約80億ドルで、4100ドルに下落した11月23日には51億ドルだった。大量保有者の大きな売り注文が無い状態で、今年最悪の売り圧力があった。

これに対し、チャート分析や解説を行う「ファクター」を運営する著名な投資家ルイス・ピーター・ブラント氏は「ビットコインは、陳腐化した弱い資金が投げ込まれ、強者が戦略的に蓄積するライフサイクルの段階に入った」とツイートし、新規参入者や短期保有者らがギブアップし投げ売りしている反面、強者がビットコインを蓄積し続ける段階に入っているとした。

更にツイッターユーザーからのチャート解説に対する質問に対し「現在3000ドル以下の目標を持つ支配的なパターンである下降三角形の一部」と説明した。




関連記事一覧