【画像付き】BRD仮想通貨ウォレット登録・使い方・作成方法まとめ (6)

ICO:仮想通貨Petlife(PETL)購入方法と価格・詳細・上場予定まとめ

仮想通貨Petlife(PETL)とは?特徴・注目点

Petlife(PETL)は獣医師やペットを飼っている人を遠隔医療とブロックチェーン技術で結びつける国際的な獣医医療市場に関するプロジェクトです。オンラインでの遠隔相談を可能にし、獣医師不足や獣医のケアの質の問題を解決します。現在、ヨーロッパ、アジア、北米で獣医師ネットワークを作る予定となっています。

手術、治療、放射線療法、リハビリテーション、腫瘍学など30の獣医学専門分野を紹介する予定です。獣医ペットの飼い主が相互に情報をやり取りでき、医療に関する相談をする事が可能です。

プラットフォームは24時間365日稼働の予定で、プラットフォームのベータ版は既に完成しています。

トークンはプラットフォーム利用以外にも、餌、医薬品、介護用品および衛生用品、衣類などを購入する為にも使えます。

 

Petlife(PETL)の注目点1.ペット市場は大きく日本だけでもペット関連総市場規模は1兆5千億円を超える

2.24時間265日、いつでも獣医師の診察を遠隔で受ける事が出来る

3.獣医師が不足している地域、24時間対応の病院が少ない地域には非常に有難い存在に

 

Petlife(PETL)インターフェース

Petlife(PETL)インターフェース

PCやスマホから利用可能で、相談可能な獣医師を選択して診断を受けると言う感じになっている様です。

 

仮想通貨Petlife(PETL)基本データ

発行元 Petlife
シンボル(通貨記号) PETL
公開日orICO期間 2018年10月15日〜2018年12月15日
総発行枚数と販売枚数 1億4300万枚(62%)
ICO価格 1 PETL = 0.2$
ソフトキャップ:400万ドル
ハードキャップ:1500万ドル
最低購入額:5$
購入可能通貨:ETH、法定通貨
ブロックチェーンタイプ ERC20トークン
ホワイトペーパー こちら
公式サイト こちら
公式ツイッター こちら
公式フェイスブック こちら
公式テレグラム こちら
公式YouTube こちら
DISCORD

 

仮想通貨Petlife(PETL)の将来性・今後の見通し

2017年の日本のペット関連総市場規模は1兆5千億円を超えます。世界で見ると15兆円程で現在も成長を続けており、2025年には22兆円規模になると予想されています。世界的に大きな需要がある分野で、供給側が追いつけなくなる可能性があるので、Petlife(PETL)の様なプラットフォームは重宝される時代がやってくると思います。

病院に行きたいけど近くに無い、夜中に開いている所が無い、病院に行くまでは無いにしろ心配だから診断だけでも受けたいと言う人は世界中に多いと思うので、将来性はあると思います。

 

仮想通貨Petlife(PETL)対応ウォレット

マイイーサウォレット

 

仮想通貨Petlife(PETL)の評判・口コミ

仮想通貨Petlife(PETL)ICObench評価(5点満点)

仮想通貨Petlife(PETL)ICObench評価(5点満点)

 

仮想通貨Petlife(PETL)ICOmarks評価(10点満点)

仮想通貨Petlife(PETL)ICOmarks評価(10点満点)

 

仮想通貨Petlife(PETL)TrackICO評価(5点満点)

仮想通貨Petlife(PETL)TrackICO評価(5点満点)

 

仮想通貨Petlife(PETL)当サイト評価(5点満点)

[uberchart id=”112″]

 

仮想通貨Petlife(PETL)取引可能な取引所、購入方法(買い方)

ICO期間中に公式サイトで購入可能です。

 




関連記事一覧