ウィムジカルウォー(ウィムウォー)

仮想通貨PHOENIX(フェニックス/PHX)購入方法と価格・詳細・上場予定まとめ

仮想通貨PHOENIX(フェニックス/PHX)とは?特徴・注目点

RedPulse(RPX)がメインネット移行し誕生しトークンスワップしたのがPHOENIX(PHX)です。トークンスワップとは以前の通貨を保有している人に対し一定量を付与する事です。RPX保有者には1 RPX = 1PHXの割合で配布されました。RedPulse=PHOENIXとして解説します。

PHOENIX(PHX)は中国のICOによって誕生、中国の経済や金融情報をまとめたプラットフォームの構築を行っており、中国では2015年にサービスリリース、500社以上が提携しています。

主に経済や金融ニュース、政府の政策や規制、新興産業の動向、M&A、市場イベントなどを掲載しています。

ブロックチェーン上で情報を保存し管理する事で、情報改ざん無し、コンテンツの所有権やそれに対する責任などが分かる様になっています。

PHOENIX(フェニックス/PHXの注目点1.巨大な市場の中国で既にプラットフォーム始動「RedPulse

2.経済や金融情報を網羅したプラットフォーム

仮想通貨PHOENIX(フェニックス/PHX)/BTCのテクニカル分析

仮想通貨PHOENIX(フェニックス/PHX)現在の価格データ

仮想通貨PHOENIX(フェニックス/PHX)現在の価格チャート


仮想通貨PHOENIX(フェニックス/PHX)基本データ

発行元 RedPulse
シンボル(通貨記号) PHX
公開日 RPX2013年5月8日、PHX2018年7月21日
総発行枚数と販売枚数 9800万枚 → 1,358,371,250枚
ICO価格 $0.036
ブロックチェーンタイプ NEO
ホワイトペーパー こちら
公式サイト こちら
公式ツイッター こちら
公式フェイスブック
公式テレグラム
公式YouTube こちら
DISCORD

 

仮想通貨PHOENIX(フェニックス/PHX)の将来性・今後の見通し

PHX使い道としてはホワイトペーパーに用途が示されていますが、まだハッキリと見えません。

■プラットフォーム上での通貨の作成

■送金に必要な取引手数料の削減

■RedPulseサービスの研究開発費

HPにはPHXトークンによって促進される直接インセンティブのエコシステムをを作ると書いてあるので、コンテンツ著者にPHXを報酬として渡すと言う事でしょう。閲覧者に関しては、どうなるのかはハッキリしません。

PHOENIXは機械学習、自然言語処理、ブロックチェーン技術を活用して、業界の専門家を洞察力を求める顧客にマッチングさせるためのより効率的なエコシステムを提供しますとも書いてあるので、PUBLIQの様な形を目指すのかも知れませんが、それだとPUBLIQの丸パクリの様な形になってしまいます。

仮想通貨PHOENIX(フェニックス/PHX)対応ウォレット

NEO対応ウォレット

仮想通貨PHOENIX(フェニックス/PHX)の評判・口コミ

https://twitter.com/kEdcSLXT4jG8P47/status/1020626578030514176

仮想通貨PHOENIX(フェニックス/PHX)購入方法(買い方)

バイナンスに上場しているので、バイナンスで購入可能です。




関連記事一覧