【画像付き】Coinomi(コイノミ)仮想通貨ウォレットアプリ使い方まとめ (2)

ICOのプレセールとクラウドセールの違い

2017年は仮想通貨のICOが大ブレイクした年でした。実績がなく知名度も低い企業でも魅力的なプロダクトやサービスを掲げれば資金調達ができるとして、数々の案件が今も世に登場しています。

ただ、ICOという言葉はだいぶん世間にも知られてきましたが、まだまだ「クラウドセール」や「プレセール」まで知っている人は少ないでしょう。しかし、ICOに参加してトークンを購入するなら、クラウドセールとプレセールの違いはきちんと理解しておく必要があります。そこで、プレセールとクラウドセールの違いや、トークンを購入するタイミングなどについて見ていきましょう。

 

ICOでトークンが売り出される流れ

ICOは、それを実施する企業や団体が新規プロジェクトのために資金を調達することを目的に、独自にコインやトークンを発行して出資者を募るという方法です。ICOの実施団体は期間を設けてそのコインやトークンを売り出しますが、それには参加した人だけが購入できるプレセールとクラウドセールという段階があります。

その後、そのトークンが仮想通貨取引所に上場すると一般の人でも購入できるようになるという流れです。プレセールとクラウドセールは取引所への上場前に実施されるトークンの販売であることを覚えておきましょう。

 

プレセールとは

トークンが最初に売り出される期間をプレセールといいます。プレセールは一般の人にはあまり公開されない売り出し期間で、開発チームに近い人や大口投資家の一部にしか情報が知らされないという特徴があります。トークンを手にすることのできる最も早いタイミングであり、最も安く手に入れることのできる方法です。

ただし、ほぼ非公開なので一般の人はなかなか参加できないものであることを知っておいてください。もし何らかの伝手で参加できたとしても、プロジェクトの詳細を確かめずに投資するのはかなりリスクが高いです。ちなみに、プレセールはICOで必ず実施されるものではありません。後述するクラウドセールからいきなりスタートする案件も多数あります。

 

クラウドセールとは

プレセールに続いて実施されるのがクラウドセールです。ほとんどのICOはクラウドセールで資金を調達すると言ってよいでしょう。プレセールは関係者に近しい人しか参加できませんが、クラウドセールは基本的に誰もが参加可能です。クラウドセールに当たって、ICOの実施団体はプロジェクトの詳細や今後のロードマップを広く公開します。比較的容易に情報が手に入るので、一般の人でも自分の目で詳細を確認してから投資ができるようになります。その点、プレセールよりリスクは少ないです。

ただし、トークンの価格はプレセールよりも高くなります。仮想通貨取引所に上場後に購入するよりは安く手に入れられる可能性は高いですが、取引所に上場した後でクラウドセールの価格を下回る場合もあるので注意が必要です。なお、トークンの購入は、イーサリアムやビットコインなどの仮想通貨をICOの実施団体に送金します。それと引き換えに手に入れたトークンが取引所に上場すれば、トークンをほかの仮想通貨や法定通貨と交換できるようになるという仕組みです。

 

プレセールとクラウドセールどちらにもリスクはある

プレセールとクラウドセールの違いを見てきましたが、プロジェクトに近しい人から情報を得て参加できる状況が整っているのなら、トークンをより安く買えるプレセールに参加する方が取引所へ上場した後のメリットは大きいでしょう。クラウドセールは、プレセールの時より詳しい情報が出回っているので、プレセール時より価格は高くなるものの一般の人でも参加しやすいです。

ただし、いくらでトークンを購入したとしても取引所に上場しなければ意味がないことに注意してください。取引所への上場は、そのプロジェクトの実現可能性とともに実施団体の信頼性や将来性もかかわってきますので、ICOに参加するにはそれを見極めることができるかがカギになります。どれだけリサーチしてICOの情報を手に入れられるが大切ですから、仮想通貨初心者が考えなしに参加するのはとてもリスクが高いです。

 

リスクを避けるなら取引所に上場後

取引所にトークンが上場しなければ、せっかく購入したトークンを売ることができません。そのリスクを避けたいなら上場後に購入することになるでしょう。上場するとプレセールやクラウドセールの時よりかなり割高になっていることが多いですが、買ってすぐ売り注文が出せるのは安心です。上場後にプロジェクトにさらに注目が集まれば、多少割高の値段で購入しても、すぐにそれ以上に値上がりすることもよくあります。

ただし、逆もまたしかりで、プロジェクトの評判が悪ければ、売り抜けようとする人が殺到するため価格が大きく下がってしまうこともあります。リスクの高い順に並べると、プレセール、クラウドセール、取引所に上場後ということになりますが、どの段階でも投資にはリスクが必ず伴うものだということを心しておくことが大切です。




関連記事一覧