ICOに参加するなら必ず知っておくべきプレセールとは?

2017年以降、一気にブレイクした感のある仮想通貨のicoですが、名前だけ先行して実態をよく知らないという人もまだまだいることでしょう。ico (Initial Coin Offering)とは、企業が独自にトークンを発行して、それを出資者が購入することによって資金を調達する方法です。

ただ、プレセールやクラウドセールというicoに付き物の用語の理解があいまいなままの人もおり、それでは大きな利益を上げることはできないでしょう。これらの違いをよく理解していないと、icoに参加するチャンスを逃すこともあり得ます。そこで、ここでは「プレセールとは?」「クラウドセールとは?」ということを解説していきましょう。

プレセールとは

クラウドセールについては後述しますが、プレセール(もしくはプリセール)とは、そのクラウドセールより前の段階で行われる公募について指す言葉です。プレセールもクラウドセールも、企業が独自に発行したトークンが取引所に上場される前に参加します。ただ、プレセールは、クラウドセールよりもトークンを早く、かつ、安く手に入れることができるという利点があります。ただし、クラウドセールよりややリスクは高めです。

どのぐらい安く買えるかはicoによって割引率がバラバラですので一概には言えませんが、クラウドセールより安いことは確実と言えるでしょう。ただし、早く手に入れられるということは、言い換えれば、プロジェクトが本当に成功するのかなど、見極めの材料が不十分な段階で判断しなければならないことを意味するため、リスクは高くなります。なお、icoのすべてでプレセールが行われるわけではなく、プレセールなしにクラウドセールだけ実施する案件もあります。

クラウドセールとは

クラウドセールとは、プレセールが終わってから行われる公募です。icoの公募のメインと言ってもよいでしょう。プレセールより後になるため、プレセール時より高い金額で購入することになります。また、クラウドセールには募集期間が限られており、だいたい1~2カ月ぐらいです。

クラウドセールの段階ではネットにも情報がいろいろと出始め、プレセールほど不確定要素が多くない状況での投資となります。プロジェクトが成功するかどうかの判断材料が増えるため、投資家にとっては参加しやすい状況です。実際、投資家の多くはこのクラウドセールからicoに参加します。ただし、プレセール時よりもクラウドセール時の方がトークンの購入金額は高くなるため、確実にそのicoに参加することが決まっている場合は、プレセール時に参加した方がお得でしょう。

プレセールであれクラウドセールであれ、いずれにせよ上場前のトークンを購入するわけですから、上場してから購入するよりリスクはあります。リスクを最大限回避したいのであれば、クラウドセールの後の上場後に購入するという選択になるでしょう。では、その上場してから購入する場合についても見ていきます。

トークンが上場してから購入する場合

上場してからの購入ですので、プレセールやクラウドセールより購入のタイミングは遅くなります。トークンの価格も仮想通貨取引所での購入となるので、実際に購入する段階にならないといくら支払うことになるか不明です。右肩上がりで評価が上がるicoの場合、仮想通貨取引所に上場の時点でかなり値上がりしているでしょう。

プレセールやクラウドセールにないメリットで言えば、上場後の購入なら、購入直後に売り注文が出せることです。また、上記の2つの段階ではトークンが上場しないというリスクが常にありますが、上場後の購入ならそれがないので、投資に不安が少ないこともメリットになります。

なお、仮想通貨取引所に上場すると、トークンによってはその直後に下落することがあります。というのも、プレセールやクラウドセールで購入した人たちのなかに、上場直後に売ってすぐに利益を得ようとする人がいるからです。icoはその企業を応援するために参加するのが基本の考え方ですから、本来なら購入したトークンは長期間保有するものです。

しかし、投機的に参加する人も一定数いる以上、上場直後のある程度の下落は避けられません。下落する可能性の高いのは、プレセールとクラウドセールの段階で発行枚数が多いトークンや、割引率が大きいトークンなどです。

どのタイミングで購入するのがベストなのか

以上、プレセール、クラウドセール、取引所に上場後と、トークンを購入する3つのタイミングについて見てきましたが、どれがベストとは一概には言えません。リターンが最も大きいのはプレセール時ですが、その分リスクも大きくなります。クラウドセール時にはプレセールほどリターンは大きくないですが、リスクはそれより小さくなっています。上場後はさらにその傾向が進むわけです。初心者のうちはなるべくリスクを避けるべきですので、クラウドセールや上場後の段階で少額から投資するのがよいのではないでしょうか。




関連記事一覧