プーチン大統領「金融制裁を避ける為に仮想通貨が使えるか調査する必要がある」

プーチン大統領「金融制裁を避ける為に仮想通貨が使えるか調査する必要がある」

ロシアのプーチン大統領が毎年恒例の国民とのテレビ電話対談番組に出演し、新政府、ガソリン価格の上昇、ワールドカップの遺産、西側諸国との関係、米国の経済制裁、元スパイの重体事件、ウクライナの状況、ソーシャルネットワークのブロック、退職年齢の引き上げ、シリアのロシア軍等について答えた。その内、若者の1人が「暗号通貨について」質問した事に対する答えは以下。

ソース:1tv

マイニングは規制していませんが、我々は仮想通貨を非常に慎重に扱っています。殆どの国で仮想通貨は決済の手段ではありません。ロシア連邦中央銀行は、仮想通貨は支払い、決済、貯蓄の手段にはならないと考えている。これらの通貨は何ら保証されていません。従って、これを慎重に扱う必要があります。世界ではこの現象が発展しており、これを監視し、プロセスにどの様に参加出来るかを理解する必要がある。

この様に述べ、マイニングは認めているが仮想通貨自体は基本的には現在は否定的。発展状況を見守り参加するか決めるとしている。

この他にも国際金融市場における制裁を避ける為に仮想通貨が使えるか調査する必要がある事に言及している。

ロシアと言う国の体制から、この番組で質問出来る人は一般人だが人となり、質問内容は検閲を受けているのは言うまでも無い。国内世論を誘導し自身の支持率アップの為に続けられている政治パフォーマンス内で、仮想通貨の質問を作った事自体が、ロシアの仮想通貨参入への意欲を伺わせる。




関連記事一覧