パリサンジェルマン

パリ・サンジェルマン「PSGコイン発行」しファンとの繋がりを強化し進化へ

11日、フランスを代表するサッカーチームのパリ・サンジェルマン(PSG)が、ブロックチェーンプラットフォーム「Socios.com」と戦略的パートナーシップを締結した事を発表し、独自の仮想通貨PSGコインを発行する事を検討している。

ソース:finextra

Socios.comはPSGのブロックチェーン戦略を開発する為にクラブと協力して、ファンとの繋がりを強化し進化させる為に技術を活用する。PSGはSocios.comのプラットフォームに参加する最初のチームになり、Socios.comはPSGファンサイトの為に世界初のファントークンオファリング(FTO)を開発する事になっている。

PSGトークン(PSGコイン)はSocios.comプラットフォームに掲載され、ファンはモバイル投票とプラットフォームを通じてクラブと交流する事が出来る。トークンには金銭的役割ではなく、所有者にチームユニフォームや親善試合の相手の選択などを投票して選択する事が出来る様になる模様。

更に所有者には、選手たちとの交流や特定の試合の観戦など、より独占的なオファーにファンがアクセス出来る様になるだろうとしている。

パリサンジェルマンの最高責任者Marc Armstrong氏は「PSGは仮想通貨がもたらす可能性のある機会を活用する事に決めました。この画期的な技術は、クラブの全体的なビジネス戦略とファンタジーへの取り組みに重要な影響を与えます。PSGのファミリーとしてSocios.comを歓迎する事が出来て非常に嬉しいです」とコメント。

Socios.comの創設者兼CEOであるAlexandre Dreyfus氏は「Socios.comブロックチェーンプラットフォームを通じて、ファンとの繋がりの進化に取り組んだ最初のクラブとして、PSGと署名した事を大変誇りに思います。サッカーのピッチをリードするだけではなく、PSGもデジタルパイオニアであり、イノベーションのリーダーシップを示しています。」と述べている。




関連記事一覧