楽天

楽天が「みんなのビットコイン」買収し仮想通貨交換業に参入へ

楽天が「みんなのビットコイン」買収し仮想通貨交換業に参入へするとリリースした。「みんなのビットコイン」は業務改善命令が出されており、楽天傘下になる事で早期の仮想通貨交換業者としての登録が期待出来る。将来的には楽天コイン発行!?楽天証券での仮想通貨取引は現実的な目標となっている模様。

ソース:楽天

楽天株式会社(以下「当社」といいます。)は、仮想通貨交換業を営むみんなのビットコイン株式会社(以下「みんなのビットコイン」といいます。)の全株式を当社連結子会社である楽天カード株式会社(以下「楽天カード」といいます。)を通じて取得することを決議致しましたので、お知らせ致します。

なお本株式取得は、楽天カードとみんなのビットコインの親会社であるトレイダーズインベストメント株式会社との間で本日締結された株式譲渡契約に基づくものであります。

楽天グループでは、2016年にブロックチェーンの研究機関として「楽天ブロックチェーン・ラボ」を英国・ベルファストに設立し、次世代の決済プラットフォームであるブロックチェーン技術の研究を進めて参りました。将来的にはEコマースや実店舗での決済、P to Pでの決済手段として、仮想通貨による決済機能の役割が大きくなっていくと見込んでいます。このような仮想通貨の決済手段を円滑に提供していくためには、仮想通貨交換所機能の提供が必要であり、楽天グループとして仮想通貨交換業への参入を検討してきました。

またグループの証券会社である楽天証券において、FX顧客を中心に、仮想通貨による運用機会の提供を期待するお客様の声が大きくなっていることも、今回の仮想通貨交換業への参入検討の背景となっております。

ネット上では周回遅れの決断と非難されているが、楽天は大きな市場を保有しており、そこやグループ会社、提携会社で使われている楽天ポイント=仮想通貨に置き換わる可能性は十分にあると期待もされているが、そこで問題になるのはポイントはそのまま保有出来たが、仮想通貨で上場されているならボラティリティが大きいので、その問題をどうクリアするか。

リリースに書かれているが、楽天証券のFX顧客が特に仮想通貨の取引をやりたいと言っていると言う事なので、楽天証券ユーザーがそのまま仮想通貨の取引も行えるようになっていくのだろう。仮想通貨への投資のハードルが下がるのは、仮想通貨業界にとっては良い事だろう。




関連記事一覧