仮想通貨専門用語辞典

ロスカットとは?:仮想通貨専門用語辞典

ロスカットとは?

信用取引で含み損が大きくなり過ぎた場合に自動的に行われる強制決済のことです。信用取引の際に証拠金と言われる一定の金額を入れ購入しますが、購入価格よりも価値が下がりその下がった割合分証拠金も減少し証拠金が一定金額以下になると強制的に決済されます。

ロスカットは各取引所によって割合が異なり、もし証拠金が一定金額を割ってもロスカットの割合に達する前の金額で証拠金を補填することが出来れば強制的に決済されず再度取引を行うことができ、このことを「追証」と言います。しかし急激に価格が動き証拠金の減少割合が取引所によって設定された割合に達すると強制的に決済されます。この割合を「証拠金維持率」といいます。




関連記事一覧