ロシアが人気ゲームFortnite使いBitcoinを標的としたマルウェアを仕込む

ロシアが人気ゲームFortnite使いBitcoinを標的としたマルウェアを仕込む

人気ゲームFortnite(フォートナイト)のチートプログラムはBitcoin(ビットコイン/BTC)を標的としたマルウェアが隠されていた事が2日に分かった。Malwarebytes Labsによると、10月2日に悪意のあるプログラムを発見したそうだ。

ソース:Malwarebytes Labs

カリフォルニア州に本社があるサイバーセキュリティー企業の調査によると、提供元はYouTubeでアカウントを開設し動画を配信、視聴者に対してYouTubeアカウントのチャンネル登録を促すページに移動、その後に偽のチートプログラムをダウンロード可能となる。

これまでの調査で既に1200件以上のダウンロードがなされているそうだ。

このマルウェアは、ブラウザのオートコンプリートされたテキスト等を盗み出し、最終的にロシア連邦のIPアドレスに送信していた。これにはウォレット関連のデータを探し出す為と言う予想がされている。

同社は、それをインストールした人たちは、現在も損害を与えられる可能性があると警告している。対策としてはプログラムとマルウェアの削除をし、全てのID、パスワードなどを変更しておいた方が良いだろう。

ロシアは大々的に攻撃を行っている事が判明しており、各国政府や国際機関だけではなく、ソフトターゲットも対象にしている事が分かった。

FBIより、ロシアは各国へのサイバー攻撃の為の資金をビットコインで賄っていると言う発表がなされているが、それをマイニングだけではなく、こういう悪質行為からも賄っている事が分かる。




関連記事一覧