サムスン

サムスンSDSブロックチェーン技術を使い税関輸出通関物流サービス構築

韓国の関税庁は14日、ソウル本部税関で輸出入関連の公共機関、保険会社など48の期間・企業とブロックチェーンベースの輸出通関物流サービス事業推進の為の協約を締結した。

ソース:サムスンSDS

関税庁は今回の事業に参加する官民団体と輸出通関物流サービスを構築して、ビジネスプロセスを再設計するだけではなく、業界に与える変化にも共同で対応する協力体制を築く計画だ。

関税庁はこれに先立ち、7月のプロジェクトを推進する主な企業として、サムスンSDSを選定している。今回構築されるサービスは、関連機関・企業が輸出品の税関申告から最終目的地のインドまでの過程までで、段階的に発生する書類を迅速に共有し、それらの改ざんを防ぐ。

サムスンSDSは、リアルタイムの大量取引処理、スマートコントラクト、管理、監視システムを備えたブロックチェーンプラットフォーム「ネックスレジャー」を金融、製造、物流、公共などさまざまな分野に適用している。

サムスンSDSキム・ヒョンテ物流事業部長(副社長)は、「本事業の成功を糧に、物流ブロックチェーン分野でのリーダーシップをさらに強化して、国家物流競争力を高める一助にする」と述べた。




関連記事一覧