SBIホールディングス

SBIホールディングス仮想通貨「Sコイン」の実証実験開始

SBIホールディングスが独自の仮想通貨「Sコイン」の実証実験を独自のブロックチェーン技術「Orb DLT」の研究開発を行うOrb、通貨処理機などの開発を行うグローリーの2社と共に開始したと発表した。

ソース:SBIホールディングス

SBIホールディングス株式会社、株式会社Orb及びグローリー株式会社、及びグローリー株式会社は、2018年10月より、ブロックチェーン/分散型台帳技術を用いた「Sコインプラットフォーム」を通してSBIHが発行する決済用コイン「Sコイン」の実証実験を開始いたします。

「Sコイン」は、スマートフォン上でチャージ・決済ができる決済用コインです。本実証実験ではSBIグループ社員を対象として、SBIHが入居する六本木一丁目泉ガーデンタワー内の飲食店等において、「スタンプ認証」にてキャッシュレスで決済できる仕組みを構築します。本実証実験を通じて、決済分野におけるブロックチェーン/分散台帳技術の更なる可能性・有用性を研究し、キャッシュレス促進へと繋げていきたいと考えております。

「Sコインプラットフォーム」はSBIホールディングスが開発するデジタル通貨等の発行プラットフォームとなっている。カード決済でのチャージに加えて、自動機で現金によってチャージする仕組みも構築する。

SBIリップルアジア電子決済等代行業者としての登録を完了




関連記事一覧