仮想通貨詐欺、詐欺コイン、スキャムとは?手口・特徴・見極める方法まとめ

仮想通貨詐欺、詐欺コイン、スキャムとは?手口・特徴・見極める方法まとめ

見極めが難しい詐欺コインや販売所を最低限の見極める

仮想通貨の取引が日々行いやすくなり投資を経験したことのないユーザーでも簡単に参入が出来るようになってます。

仮想通貨は世界中で開発されていることから膨大な種類があります。そしてこの全種類が世界中誰でも取引できるため、どのコインを購入していいのか判断が難しくなります。

既に上場している主流のコインだと利幅が取れにくいという理由から、少ない投資額で安価なICOに手を出す人も多くいます。(ICOとは企業が独自の仮想通貨を発行販売して資金を調達する仕組み)そのICOのコインの中には「スキャム」と言われる詐欺コインが紛れ込んでいます。

しかしその「詐欺コイン」を見極めるのは初心者には特に難しく、コインを買ったがICO割れしてしまったり、上場せずに消滅してしまうケースも多くあります。

では見極めるのは難しくても 「詐欺コイン」に できるだけ手を出さないためのいくつかのポイントを解説していきたいと思います。

ネット情報や宣伝を鵜呑みにし過ぎるのは危険

ネット情報や宣伝を鵜呑みにし過ぎるのは危険

仮想通貨の情報は主にネットから入ってくると思います。ネット上では多くの情報が交錯していて全てが同じ内容だとは限りません。当サイトもネットの情報の1つですので、鵜呑みにせず、様々な情報を見比べたり、自分で勉強する事も必要です。

仮想通貨の情報は主に代理店からの情報が多く様々なネット上の代理店があります。同じコインを販売していても各代理店によって価格が違う場合もあります。

またお金を振り込んでもコインが届かないなど、「詐欺コイン」の前に「詐欺サイト」に注意をしましょう。「詐欺サイト」に多い宣伝文句に「当サイトだけでの取り扱い」や「価格保証をします」、「買取や返金を保証します」などがあります。

「当店だけの取り扱い」と言うサイトは必ずしも詐欺と言うわけではありませんが、同じ通貨を販売する複数のサイトが同様の宣伝を掲げれば、どれか一つのサイト以外は偽物になる可能性があります。その場合は発行している企業に問い合わせて調べてみて下さい。

また「価格保証します」と言うICO割れ(上場後に販売価格よりも価値が下がること)が起きない等価格を保証する宣伝もありますが、価格は上場してみないとわからず、コインの価値や人気で価格は上下しますので最低価格の保証は難しいと考えられます。

さらに「買取や返金を保証」という宣伝文句は仮想通貨の世界以外でも多くみられますが、まずダメだったからと言って買取や返金に応じれば、売り手サイドは損失以外何も生み出しませんので実際に対応するとは考えにくいでしょう。その辺りも考えて自己責任で購入しなければなりません。

仮想通貨の場合は50%返金や半額で買い取りなどが行われることもありますが、もともとのコインの価値は0円ですので、返金や買取りに対応したとしても儲けが出る仕組みになっていると考えられます。

代理店やセミナー、友人からの誘いによる詐欺まがいな話

代理店やセミナー、友人からの誘いによる詐欺まがいな話

では、実際にセミナーのように直接販売する人間に会って購入する方法だと安全なのかというと必ずしもそうではありません。実際に企業が行っているセミナーやICOの総合展示会のようなところで購入する手段もありますが、中にはセミナーを代行業者が行っていたり、セミナー自体が詐欺だったりします。初心者は購入しやすい価格帯や友人の誘いでのセミナー参加は控えた方が無難かもしれません。

また友人や知人から「いいコインがあるよ」などと言われることもあるでしょう。これは自己責任で購入の判断を行って下さい。(このトラブルが一番悲惨なものになります)

仮想通貨・コイン自体が詐欺の可能性

仮想通貨・コイン自体が詐欺の可能性

では、コインが詐欺に近いかどうか見極める方法ですが、まずホワイトペーパーといってコインを発行した企業の概要やコインの情報などが記載されているものがありますので、この「ホワイトぺーパー」を確認して下さい。しかし「ホワイトペーパー」を見たからといって詐欺コインの見極めは投資経験があっても困難を極めます。何故かと言うと、ホワイトペーパーは発行元の言い分であり、その通りの発行にならない様な詐欺的なICOもあるからです。

さらに上場したとしても価値が全くなくなるものもあり、それがわかっていて販売する場合もあります。 また発行量に上限がないものは気を付ける必要があるかもしれません。詐欺でなくても上場しても価格が上昇しない場合があります。

過去に詐欺コインの疑いがあったコインを検索してその概要を調べることで詐欺コインを見極める知識を多少つけることができるかもしれません。

国内だけではなく海外の評価もチェックしましょう

国内だけではなく海外の評価もチェックしましょう

冒頭でも書きましたがコインの販売は世界中で行われていますので、国内だけの販売や日本語のみの公式サイトなどは詐欺の可能性がありますので注意して下さい。また著名人の名前を使って宣伝することもありますが実際に本人が関っていないことも多く、信憑性に欠けますので注意が必要です。

基本的に仮想通貨は取引所で売買するもので、取引所に仲介のもと安全に取引が出来るようになってます。
それ以外で購入をされる場合は全て自己責任になりますので細心の注意を払い、出来れば資産の一割程度での取引をお勧めします。

ここに当てはまる販売元やコインが全て詐欺なわけではありません。公式に販売を委託されているサイトや実績のある優良サイトも存在します。またコイン発行販売している企業の開発や研究が認められ上昇するコインもあります。しかしそうでない販売所やコインもあるという認識をもって仮想通貨投資を行うことで詐欺被害が減少していき誰でも安全に取引が出来る通貨になることを願っています。




関連記事一覧