代理店やセミナー、友人からの誘いによる詐欺まがいな話

ベルギーの金融サービス市場庁が詐欺の疑いのある21種類の仮想通貨をブラックリストへ

ベルギーの金融サービス市場庁(FSMA)は詐欺の疑いのある21種類の仮想通貨をウェブサイトでブラックリストに入れた事を発表した。

FSMAは公式サイトで詐欺に関連する会社やウェブサイトを公開しているが、仮想通貨詐欺の疑いがある物が99件に達した。FSMAは以前より詐欺を警告しているにも関わらず、オンライン詐欺が増えている事が分かる。

ブラックリストに掲載されている企業の多くは、ベルギーの法律を守らず金融サービスを提供しており、偽の投資案件への誘致を行っている。ブラックリストに掲載された企業の所在地は日本の他、ドイツ、イギリス、スイス、フランスなど世界各国の企業となっている。

2018年10月26日更新、仮想通貨詐欺サイトとして掲載されたのは以下。

http://www.afaeu.com
http://www.bk-coin.com
http://www.capitaltraders.com
http://www.cryptoallday.com
http://www.cryptonetto.com
http://www.cryptosafe.tech
http://www.dca-finance.com
http://www.elos-patrimoine.com
http://www.finances-markets.com
http://www.iminage.com
http://www.investissementcrypto.com
http://www.kryptonexlabs.com
http://www.kryptowize.com
http://www.lacentraledescryptomonnaies.com
http://www.parel-invest.com
http://www.positiva-ad.com
http://www.save-coins.com
http://www.tradabank.com
http://www.trade-my-bitcoin.net
http://www.vip-brokers.com
http://www.london-exchange.net

仮想通貨だけではなく仮想通貨取引所を装った詐欺サイトリストも掲載されている。詐欺サイトらしく、既に閉鎖しているサイトも多い。




関連記事一覧