豪州2017年仮想通貨に関連する詐欺で210万ドル以上の被害

豪州2017年仮想通貨に関連する詐欺で210万ドル以上の被害

21日オーストラリア公正取引委員会(ACCC)が発表したレポートによると2017年仮想通貨に関連する詐欺でオーストラリアの消費者は210万ドル以上の詐欺に遭ったと発表した。

ACCC詐欺に関する年次報告書はこちら

ACCCは詐欺に関する年次報告書で仮想通貨に関連する詐欺の増加は2017年までのコイン価格の上昇に比例していると指摘しました。1月~9月までは1ヶ月当たり約10万ドル、ビットコインが最高値を付けた12月には70万ドル以上の被害があったと報告した。

ACCCによると消費者を騙す主な手口は偽のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)、ピラミッドスキーム(ネズミ講)、ランサムウェアによる支払いだとして注意喚起を行っている。更にこれは他の詐欺と同様に、これが氷山の一角である可能性が高いとした。

レポートによればオーストラリア人は詐欺で3億4000万ドル以上を失っており、昨年は投資詐欺で6400万ドルの被害があったという。

日本でも3月に警視庁が公表した被害状況によると、仮想通貨の不正送金による流出被害額は約6億6240万円となっている。これには今年1月のコインチェックから約580億円分のNEM(ネム)が流出した事件は含まれていない。

ネットバンキングの被害は様々な対策が進み30億円を超えた14~15年をピークに、現在は10億円程度まで下がってきている。仮想通貨はこれから伸びる事が予想されており、更にユーザー側のセキュリティ意識がネットバンク利用時よりも低い為、対策が急務だと思われます。




関連記事一覧