SoftBank(ソフトバンク)

ソフトバンクがブロックチェーン技術利用しモバイル決済サービスの実験に成功

ソフトバンク株式会社はクロスキャリアモバイル決済サービスのためのPoC標準とTBCASoftのクロスキャリアブロックチェーンプラットフォームを提供するTBCASoft、SMS、電子メール、およびRCSをカバーする安全なマルチチャネル通信プラットフォームを提供するSynchronossと共同の実験で、モバイル決済サービスPoCを成功させた。

ソース:ソフトバンク

RCSとはショートメッセージサービス (SMS) やマルチメディアメッセージングサービス (MMS) に代わるもので、携帯電話用のインスタントメッセンジャーを端末レベルで実現するための規格。相手と通信する時は、ユーザ名や電子メールアドレスではなく、電話番号を使用する。

PoCは、ユーザーが店舗などで様々な商品を購入する際に、モバイル端末から直接行う事が出来る様に設計されている。

例としては、日本居住の日本人が米国旅行する際に米ドルを持っていなくても、SoftBankとSynchronossがサポートするRCSプラットフォームを経由する事で、簡単に米ドルの支払いをし商品を購入する事が可能になる。

ソフトバンクITサービス開発本部の福泉武史本部長は「このRCSとブロックチェーンベースのモバイル決済PoCは、オペレーター主導のサービスが提供できる価値を実証しています。かつては大手ブランドの決済サービスのみが利用可能だった規模で、新しいモバイル決済サービスを提供出来ただけではなく、買い物や旅行での支払いが柔軟に対応出来る様になりました。」とコメントしている。




関連記事一覧