南アフリカ共和国

南アフリカ中央銀行「仮想通貨は通貨の要件を満たさない」規制を導入へ

南アフリカの中央銀行に当たる南アフリカ準備銀行(SARB)の副総裁であるフランソワ・グルペ(Francois Groepe)氏は、国が仮想通貨の規制を導入する可能性があると示唆しました。

ブルームバーグのインタビューに対しSARBのグルペ氏は「関連する財務監視、又は為替管理規制に準拠しているかどうかを確かめる」と述べた。更に「仮想通貨を通貨とみなしてはならない」と主張した。

当局者は「cryptocurrency=暗号通貨」と言う単語は安定した交換手段、測定単位、安定した単位と言う経済的意味で通貨の要件を満たさない為に使用しない。我々は「サイバートークン」と言う言葉を使用するとしている。

今月初めに南アフリカの企業が海外との取引を行おうとする際に正式に制限を設け取引制限を導入している。しかし現在の所、国内での取引には制限は無い状態だ。SARBは仮想通貨に関するポリシーや開発・規制の専門部を創設している。




関連記事一覧