Spring Labs Logo

元米経済担当大統領補佐官コーン氏がブロックチェーンスタートアップに参加

ゴールドマン・サックスの社長兼共同COOを経て、2016年12月、ドナルド・トランプ政権のアメリカ合衆国国家経済会議委員長で、経済担当大統領補佐官を務めていたゲイリー・コーン氏が、ブロックチェーンスタートアップに参加した。

ソース:CISION

12日の、財務データの共有の為のブロックチェーンネットワークを開発している会社「Spring Labs」がプレスリリースで、コーン氏が顧問に就任したと発表した。

同社の会長兼最高経営責任者(CEO)のアダム・ジワン氏は、コーン氏はSpring Labsに「世界金融市場の複雑さと比類ないネットワークを理解する豊富な経験をもたらした」と語った。

コーン氏は「私は長年ブロックチェーン技術に非常に関心を持ち、Spring Labsは金融サービス部門に深い意味を持つ可能性のあるネットワークを開発しています」と述べた。

Spring Labsが開発しているプラットフォームでは、基盤となるソースデータを共有せずに情報の交換を可能にする、ブロックチェーンベースのネットワーク。金融機関間での情報共有を目的としている。




関連記事一覧