ICOで得たトークンの保管場所には要注意!適切な保管場所とは?

icoで得たトークンの保管はどうしていますか?

仮想通貨・アルトコインは、基本的にウォレットとよばれる専用口座で取り扱います。つまりicoに参加する前に、必ず対象のアルトコインやトークンに対応しているウォレットを準備しなければなりません。例えば、最も利用範囲の広いMyEtherWallet(マイイーサウォレット)では、親コインであるイーサリアム(ETH)、そしてハードフォークで派生したアルトコイン・イーサリアムクラシック(ETC)、あるいは今頻繁にリリースされている新規のETH系コインが保管できます。もちろん日本語に対応しているウォレットですから、取り扱いも非常に簡単で便利になっています。

現在、皆さんがエアドロップなどで無料配布されているトークンは、まずイーサリアムベースのERC20トークンである場合が非常に多く見られます。ですから、どの無料配布に参加するにしても、MyEtherWalletだけは事前準備しておくのが基本です。もちろん他のウォレット対応のトークンもありますから、キャンペーン参加の時は必ず確認しておきましょう。そこでMyEtherWalletを開設する際の注意点ですが、秘密キーの重要性をしっかりと認識しておいてください。つまりウォレット用の暗証番号が第3者に知られてしまわないような徹底管理が大事なのです。よく秘密キーのコードを忘れてしまわないようにと、パソコンのメモなどに記入したりしますが、それは盗まれてしまう心配もあり、できればUSBメモリやペーパーベースで保管するのが望ましいでしょう。

 

手に入れた仮想通貨を取引所のウォレットに入れっぱなしでは危険!

無料配布でも取引所での購入でも、あるいは取引で支払われたアルトコインでも、一般的にオンライン状態になっているウォレットで保管するのは危険があります。2017年に国内で起こったコインチェック事件は記憶に新しいところでしょう。ここは国内でもかなり大手の取引所でしたが、600億円相当のアルトコイン・ネムを一瞬のうちにハッキングされてしまい、今現在犯人も行方も分からないとお宮入りになった事件です。

また2018年に入っても、イーサリアムPARITYの脆弱性が源となるハッキング事件がいくつか生じていて、数十億単位の大がかりな盗難事件も起こっています。ちなみに取引所内に設定しているウォレットは、絶えずネット上でスタンバイしている性格上、フルタイムのオンラインウォレット(ソフトウェアウォレット)だと言えます。もちろん取引所がオフラインのハードウエアにストックするとしても、秘密キーを持ったユーザーがアクセスすれば、その時点ではオンライン化します。仮に取引所のセキュリティが完全だとしても、秘密キーの管理においての問題が残るのです。この点では一方的にユーザーの管理が悪いとされがちですが、実はそうとは限らないこともあり、事態はそれ程単純とはなっていません。

 

今注目のハードウェアウォレットについて

では、取引所に設置したオンライン型ウォレットに保管するのではなく、他のウォレットを用意しなければいけないのでしょうか?結論は、安全性を担保するならば他にウォレットを用意すべきです。ただし、取引所から仮想通貨を出してしまえば、いわゆる配当に当たるPoS報酬などが受けられないのが一般的で、利息無し期間が発生する事も理解しておきましょう。

オンラインウォレットと言えば、スマホやタブレット、ネットにつなぎっぱなしのパソコン上に設置するWEBウォレットやモバイルウォレットがあります。ですが先にも述べた通り、オンライン型のウォレットが危険であれば、保管場所はオフラインにするのがセオリーとなります。そこでオフライン状態に出来るUBSメモリを利用したり、ネットから隔離されているパソコンのデスクトップウォレットに設定したり、いわゆるハードウェアウォレット(専用財布端末)が安心できるかもしれません。

 

ハードウェアウォレット利用の注意点

ハードウェアウォレットは秘密キーを第三者に不正取得されない状態で保管することの出来る保管方法です。取引所トークンはイーサリアムベースのERC20規格が非常に多いので、当然ERC20に対応しているハードウェアウォレットがおすすめとなります。一般的にハードウェアウォレットといえば、Ledger WalletやTrezorが評判です。良く選ばれているのがLedger Nano Sで、取引所トークンを送金するのに便利です。ポイントは取引所のウォレット内に少額のETHを必ず保管させておくこと。このETHが送金手数料として利用されているからです。

またハードウェアウォレットは基本的にオンライン状態のまま放置しない事も重要です。何度も言いますが秘密キーの保護が最大の目的ですので、ハッキングを受けない環境にしておきましょう。




関連記事一覧