日本の国旗

政府税制調査会が仮想通貨関連の納税作業の簡略化に向け整備を進める意向

日本では仮想通貨に関連する税金は雑所得として処理される事で、高額負担となり、発展を妨げる一因になっている。また単純に仮想通貨売却だけではなく、様々な分野に広がっているので、算出方法が複雑になり申告を怠り脱税が増える原因にもなっている。世界各国では法整備や解釈変更が進み、成長に繋げようとしている国は多い。

そんな中、17日、政府税制調査会(首相の諮問機関)の総会で、仮想通貨に関する納税作業の簡略化に向けた整備を進める検討を始めた。

仮想通貨の取引に関して現在は、購入時と売却時の差益、他の仮想通貨と交換した際の差益にも課税され、含み益が出ている仮想通貨で商品を購入した際にも課税される。

現在の仮想通貨関連の課税としては

1.仮想通貨の売却で得た差益

2.仮想通貨の交換で得た差益

3.仮想通貨で何かを購入した際

4.マイニングで仮想通貨を取得した際

株式取引の様に履歴データなどが統一されておらず、納税者自身が全ての利益を正確に把握し納税額を理解する事が難しくなっている。税務署もどの様に全体を掴むのかが問題となっている。こうした事から株式取引の際に使われる証券会社の特定口座の様なシステムが必要だと言う声が上がっていた。

今後少人数の専門家会合を開き、外部の意見も取り入れながら議論を深めるとしている。




関連記事一覧