タイ中央銀行のタイ銀行

タイ中央銀行ブロックチェーンを利用し迅速で安価な決済を可能にする

2018年6月5日シンガポールで開催された「野村インベストメントフォーラムアジア2018」でタイ中央銀行であるタイ銀行Veerathai Santiprabhob総裁は、サプライチェーン・債券発行等の金融アプリケーションにおけるブロックチェーン技術の研究を幅広く取り組むと明らかにした。

ソース:Thai Economy: The Current State and the Way Forward

「Project Inthanon」と呼ばれるプロジェクトでは、中央銀行がCBDC(中央銀行発行の仮想通貨)を開発しトークンを使用した国内銀行間システムでの迅速で安価な決済を可能にする。

総裁は「タイ銀行と各銀行は、中央銀行のCBDCを使用した銀行間決済を行う為の新しい方法を共同開発する」と述べた。これに当たり、広範な利用に向けたロードマップの前に中央銀行のCBDCの潜在的な影響を探るとしている。

総裁は「他の中央銀行と同様に当行の目的は、CBDCを直ぐに利用するのでは無く、バックオフィス業務の潜在的可能性を探る事です。これらの取り組みは、現在のシステムと比較して必要とされるプロセスが少ない為、より迅速かつ安価な取引と検証が可能になるはずです」と述べた。

これに加えて当局者はブロックチェーンを利用した債権を含む実証実験がほぼ完了している事を示した。このソリューションは個人投資家への債権受け渡しを15日から2日間に短縮すると期待されている。

研究開発は中央銀行のタイ銀行、国内14の銀行、7つの国営企業、民間の大企業が参加しタイのブロックチェーン・コミュニティー・イニシアチブの下でワーキンググループを作り協力し合っている。今年の9月を目標に様々なテストを行っている。




関連記事一覧