ICOで必ず使用されるトークンの意味や役割とその種類

新たな資金調達の方法としてicoが注目されていますが、その際に必ず使用されるものがトークンです。これが何なのかを正しく理解していないとico自体も理解できないため、投資を検討するのであれば必ず知っておきましょう。

仮想通貨の世界におけるトークンの意味

トークンという言葉は、本来さまざまな意味で昔から使用されています。商品券でも切符でも何かの回数券でも、いずれにせよ、それと引き換えで何か特定の商品やサービスを享受できるためのものです。簡単に考えるならおおまかに引換券と思ってよいでしょう。それが仮想通貨の世界では、電子的な引換券やパスワードの意味で用いられるようになったのです。トークンを購入すると、それと引き換えにビットコインなどの仮想通貨がもらえると考えるとわかりやすいでしょう。

 

icoとはトークンの売り出し

icoをトークンセールスと言うこともあります。そのことからわかるように、企業が独自に発行した仮想通貨を売り出して、投資家や支援者がそれを購入することで、その売上金がそれを発行した企業などの資金になるという仕組みです。icoを実施する企業は、ブロックチェーン技術を利用してセキュリティの強固な仮想通貨を開発します。IPOと違って誰もが手軽にできる資金調達法として注目されていますが、手軽にできるとはいってもブロックチェーン技術に精通した専門家でなくては難しいでしょう。そのため、近ごろはCOMSAなど発行を代行するサービスも登場しています。

その結果、ますますハードルが下がってきたのですが、投資する場合は注意が必要です。icoは何らかのプロジェクトを実行するために、その資金を調達する目的で行われます。ところが、プロジェクトもないのに実施される案件が増えてきているのです。これは、ただお金だけ集めて持ち逃げしようという詐欺でしかありません。icoにはホワイトペーパーなど資金調達の目的であるプロジェクトに関する説明があるものですから、参加する際は、必ず何を目的に実施されるものかをよく確かめてください。

 

トークンの種類

基本的な意味は以上ですが、実はトークンにはicoを実施する企業や団体ごとに異なる性質があります。大きく分けると5種類になるので、それを簡単に解説しましょう。

まず、トークンと言われて多くの人が思い浮かべる仮想通貨型のものがあります。ビットコインなどの仮想通貨と同じく、決済や送金などの取引手段として開発されるものです。ここでは仮想通貨とほぼ同じ意味のものと考えてよいでしょう。

次に、会員権型のものがあります。その名の通り会員権としての仮想通貨を持っている人だけがサービスなどの優待を受けられるものです。

プリペイド型という、それを発行する企業の商品やサービスの購入に利用できるものもあります。プリペイドカードと同じような用途なのでこう呼ばれています。

トークンの保有する数に応じて収益が受けられるファンド持分型のものもあります。ファンドというぐらいですので、企業のプロジェクトが成功するとその収益が受けられるというものです。

さらに、アプリケーション・プラットフォーム型という種類もあります。ネットワーク上のアプリケーション・プラットフォームの利用で必要とされるもので、イーサリアムがその代表例です。イーサリアムとはもともとブロックチェーン技術を使用したアプリケーション・プラットフォームのことで、その利用料の支払いに使用されるトークンを通貨単位「ETH」としています。イーサリアムというとビットコインのような仮想通貨と思ってしまいがちですが、厳密には違うということを覚えておきましょう。

 

トークンの形態はさまざま

上の5種類の説明で見たように、トークンのなかには本来目指された概念とは違うものも含まれていることに気づくでしょう。会員権型やプリペイド型のトークンは、仮想通貨でなくても従来からある概念です。それを発行する中央の組織があって、そこが提供する商品やサービスに対し、対価としてトークンを支払うというものですから、非中央集権的なプロトコルでオープンソースによって開発される分散型の通貨の概念とは相容れないものがあります。ただ、現実には以上のように大きく5種類に分けられていますから、納得できないとしてもそういうものと受け入れておきましょう。

 

仮想通貨関連の情報には常にアンテナを張っておく

以上、icoを実施するのに欠かせないトークンについて説明してきました。細かく考え始めると十分に理解することはなかなか難しいですが、セールに参加するうえで必要な知識は基本的な理解で十分です。また、トークンの種類は5つと書きましたが、近い将来さらに普及していくと、さらに新たな種類のトークンが生まれる可能性も十分にあります。いずれにせよ仮想通貨関連の投資を始めるなら、情報には常にアンテナを張って敏感でありたいものです。




関連記事一覧