トークンとは?仮想通貨との違い・意味・種類・取引所での扱いまとめ

トークンとは?仮想通貨との違い・意味・種類・取引所での扱いまとめ

 

トークンとは?

仮想通貨を調べるときに「トークン」といったワードを目にしたことがあると思います。「トークン」とはいったい何なのでしょうか。仮想通貨における「トークン」は価格が変動する代替通貨です。「トークン」を取引所や販売所で売買することによって価格も変動します。

仮想通貨も同じように取引所や販売所で取引され価格が変動する為「トークン」との違いは何だろうと思われるかもしれません。仮想通貨と「トークン」の違いはほとんどありませんが、厳密に言うとブロックチェーンと言う技術が独自のものかそうでないかということです。

ブロックチェーンとは仮想通貨を取引した際の幾つものデータをまとめて一つのブロックを作り、このブロックを何個も繋ぎ合わせたもので高度な管理システムとなってます。このブロックチェーンの技術を独自で開発し発行している通貨を仮想通貨と言います。

では「トークン」は、と言うと既存のブロックチェーンを利用して発行した通貨になります。仮想通貨は技術を要する為簡単には発行することが出来ませんが、「トークン」は技術が必要ない為誰でも発行することが出来ます。

トークンの発行について

トークンの発行について

主に「トークン」が発行される目的ですが、自国の通貨を「トークン」に両替し世界共通の通貨としての利用や、企業が資金を調達する為に発行したりされます。後者の企業が資金を調達する方法のことを「ICO」と呼び企業が「トークン」を発行して販売することにより資金調達を行うことが出来ます。

その為「トークン」は企業が管理していて発行量を自由に決めたり配当の有無や価格なども決めることが出来ます。(価格は時価総額から発行量を割ったものになります)この「トークン」は取引所に上場したり、企業がこの資金調達によって企業の価値が上昇することによって価格が高騰していきます。

トークンの種類と取引所での扱いについて

トークンの種類と取引所での扱いについて

世界中に仮想通貨の取引所がありますが、世界の取引所で共通して使用できる仮想通貨は決まっていてビットコインやイーサリアムといったこの2つの通貨が主流となっています。「トークン」は使用できる取引所が決まっている場合がほとんどでその取引所以外では使用することが出来ません。これも仮想通貨と「トークン」の大きな違いと言えます。

「トークン」は既存のブロックチェーンを利用しますがビットコインのブロックチェーンを利用した通貨を「カウンターパーティ―トークン」、イーサリアムのブロックチェーンを利用した通貨を「ERC-20トークン」と言います。

この2つの仮想通貨を土台にした「トークン」が多い為、土台となる仮想通貨の取引所では「トークン」に対応していることもあります。また、各取引所が独自の「トークン」を発行していることが多く発行元の取引所で売買できるのはもちろん取引所に登録する際にはその取引所の「トークン」を所持することで取引にメリットが生じることもあります。

ICOによって「トークン」を入手した場合その「トークン」が上場する取引所で売買することが出来ますが、その他の取引所では取り扱いがない為、上場先の取引所を登録する必要があります。

トークンの取り扱いを行っている仮想通貨取引所

トークンの取り扱いを行っている仮想通貨取引所

既に上場済の「トークン」を多く取り扱っている取引所を幾つか紹介したいと思います。

国内の取引所では「ZAIF」が多くのトークンを取り扱っています。ザイフ、カウンターパーティー、ビットクリスタル等9種類のトークンを取り扱っていて国内では最多となってます。

国外の取引所では世界で最もメジャーな取引所で「バイナンス」は140種類程度の通貨を取り扱っていて海外の取引所は国内の取引所に比べて多くのトークンを取り扱っていて海外の取引所の登録も必須となってくると思います。

また、特殊な取引所でイーサデルタと言う取引所があります。このイーサデルタではすべてのERC20ベースのトークンに対応していて他では取り扱いの無いトークンでもERC20ベースであればすべて取引できます。しかし他のブロックチェーン技術を利用したトークンは対応していません。

ICOトークンで詐欺に遭わない為に気を付けること

ICOトークンで詐欺に遭わない為に気を付けること

「ICOトークン」は「トークンセール」とも呼ばれ企業が資金調達の為に発行することが多くその調達した資金を自社の為に利用しますが、その使用方法が不明だったり失敗に終わったりして「トークン」の価値を落とすこともあります。また「トークン」を売って資金を得た後に消える詐欺のような「トークン」もあります。

これらを見極めるのは特に難しいので「トークンセール」で購入を考えている場合はよく調べて購入するか余剰資金での購入の方がいい場合もあります。




関連記事一覧