「Trusted News」にブロックチェーン技術を利用開始

「Trusted News」にブロックチェーン技術を利用、悪意あるニュースを排除へ

迷惑な広告を表示させない様にするGoogleChrome拡張機能Adblock Plus(アドブロックプラス)の開発者であるeyeo社。同社が運営する拡張機能「Trusted News」にブロックチェーン技術を利用開始したと発表した。

ソース:

Trusted Newsについての詳しい説明はこちら

Trusted Newsインストールはこちら

Trusted Newsは現在ベータ版で運営されており、開いているサイトの内容を把握し「信頼できる」「測定不可」「信頼できない」と判断しユーザーに知らせる。

信頼できないニュースは、風刺記事、偏向記事、悪意のあるページ、扇情的・刺激的なタイトルやサムネイル画像でクリックを誘う記事、サイトに関する十分な情報が得られない場合等に判断されるそうだ。

Wikipedia、PolitiFact、Zimdars’ List、Snopesをデータベースとして使用し、他の様々な資料を基に判断する。このデータベースはイーサリウムのブロックチェーン上で構築されており、データを操作したり毀損する行為を予防する事が出来る。また利用者が正しい判断になる様にフィードバックを送る事も可能になり、有用なフィードバック投稿者には報酬を与える方針。




関連記事一覧