ICOの種類とは?大きく5つの種類を分かり易く解説

大きく5つの種類がある

1.仮想通貨型

投資をするうえで欠かせないicoトークン。icoを行う企業によっていくつかの種類があり、それぞれ特徴や役割が異なります。トークンは、ひと言でいうと「特定の用途で使われる専用コイン」のこと。たとえば、地下鉄の乗車券やテーマパークのアトラクションなどです。そして乗車券という意味が転じ、「電子引換券」「一度限りのパスワード」などと使われるようになりました。またトークンといえば「仮想通貨」では欠かせません。

仮想通貨で使われる場合、「仮想通貨型トークン」と呼ばれています。決済手段や送金手段として用いられ、決裁や送金などでメリットが高いのが特徴です。仮想通貨の開発資金調達や流通のために用いられることが多く、出資金額に応じて渡されます。順調にいけば、大手仮想通貨取引所で扱われるようになるのも夢ではありません。もしそうなればトークンは大きく値上がりするので、売却することで利益は大きくなるでしょう。

2.会員権型

会員権型は、どれだけトークンを保有しているかによって受けることができます。要するに、出資者は株式優待のようなサービスを受けられるようになるわけです。これは株式と似ています。ただ株式の場合はその企業の製品やサービスなどを割引価格で利用できるようになります。icoの場合は会員権型トークンを保有していることで上場企業の中で約1/3の企業から株式優待を受けることが可能です。もし将来的にもっと知名度が上がれば、会員優待サービスも充実するでしょう。ただ株式優待は、ほとんど日本でしか実施されていません。そのため海外での実施はあまり期待できないと言われています。

3.プリペイド型

プリペイド型は、対価として利用できるトークンのことで、いわゆるプリペイドカードのように使えるためこのように名付けられました。たとえば、事業者側が提供している商品やサービスなどがあります。

4.ファンド持ち分型

これは、保有数の割合に応じて利益を受けられるトークンです。いわゆる資金調達を行った事業のプロジェクトの収益になります。そのため、仮想通貨取引所に上場されるとトークン売買も可能になるでしょう。

5.アプリケーション・プラットフォーム型

最後に、アプリケーション・プラットフォーム型です。アプリケーション・プラットフォームを利用するために用いられます。仮想通貨によって異なりますが、たとえばイーサリアムはこのタイプのトークンを使用しています。トークンがプラットフォームの利用料を支払う仕組みです。ただ、イーサリアムはブロックチェーンを利用したアプリケーション・プラットフォームなので、仮想通貨の役割を果たしているものではありません。

他にもいろんなトークンがある

大きく5つのトークンを紹介しましたが、他にも「CounterParty」「ERC-20」「Mosaic」「MonaParty」などいろんな種類があります。CounterPartyトークンは、もっとも歴史が古く、ビットコインのブロックチェーンから発行されているのが特徴です。

有名どころは、ザイフトークン、SJCX、XCPなど。ERC-20トークンは、イーサリアムのブロックチェーン上に発行されたトークンになります。主にALIS、Storj、QASHなど。Mosaicトークンは、NEMのブロックチェーン上で発行されています。DimcoinやXEM:CMSなどが有名です。

最後に、MonaPartyトークン。モナコインのブロックチェーンがプラットフォームになります。XMPが有名です。これらは技術的側面から分類していますが、用途で分類すると先に紹介した5つのトークンになります。

社会に影響を与えるのはまだ先?

トークンが社会に影響を与えるのは、早くて2020年頃と言われています。この頃になると、日常生活でも当たり前にトークンが使われるようになるかもしれません。トークンで買い物、トークンで利用料金を支払うなどが考えられます。会員権型トークンも、合法的になればもっとメリットが増えるでしょう。ただ、現段階のトークンは、投資をしている人にしか知られていません。

トークンが上場すれば、仮想通貨において流動性が生まれ、価格も高騰するでしょう。仮想通貨は、流動性があってやっと価値を持つもの。決済や送金の手段として使われて価値が生まれます。未上場では、当然価値の高いものにはなりません。しかし先にも述べたように、トークンは将来性があります。順調に開発が進めば、やがて上場されるでしょう。

ただ参加する際は注意も必要です。近年、仮想通貨においてトラブルが立て続けに起こっています。法規制もまだまだ不十分です。インターネットのみで素早く資金調達できるという点は大きなメリットですが、同時に詐欺のリスクが高いことをしっかり理解しておきましょう。対策としては、情報収集をきちんと行うこと。そうすることでリスクを減らすことができます。




関連記事一覧