ウクライナ

ウクライナ議会が仮想通貨関連の利益に5%の税金を課す法案を提出

ウクライナ議会は仮想通貨関連の利益に課税を開始したい意向だ。議員らは個人や企業が得る仮想通貨関連の利益に5%の税金を課す法案を提出した。この法難によれば、これらの利益は他の収入とは別に報告しなければならない。更に企業は法案が成立すれば、2024年1月1日から課税率が18%に上昇すると見ている。

ソース:ウクライナ議会

この法案では仮想通貨を「トークン形式の仮想資産」と定義し価値ある資産として機能すると示唆している。

ウクライナには世界最大のマイニング企業が存在している。更にウクライナでは昨年IPOを通じて1ドルも獲得できていないが、ICOを通じて43億ドル以上を集めている事から、仮想通貨を資産と定義し課税する事を目指す動きが出ていた。

ウクライナ当局の推定では、ウクライナ国民の仮想通貨所有量は約35億ドルに上る。2019年から2024年に掛けて、仮想通貨取引の合法化により年間4000万ドルの税収が見込まれる。




関連記事一覧