アメリカ

SECクレイトン委員長「市場価格操作とカストディ問題が解決するまで仮想通貨ETFは承認しない」

米証券取引委員会(SEC)のジェイ・クレイトン委員長が、ビットコインETFに対し「市場価格操作に対する懸念が解消されるまで、仮想通貨ETF承認への道筋は見出されない」と述べ、更に「私は問題にどの様に対処するのか特定の方法を持ち合わせていない」と、27日行われたConsensus Investで述べた。

クレイトン氏は「個人投資家が見ている価格は、彼らが頼りにしなければならない価格であり、ボラティリティからではなく、操作から自由だ」とし、加えてあらゆる種類のETFの承認に先立って、カストディの懸念も問題として残っていると指摘した。(カストディとは保管・管理の事。)

価格操作だけではなく、カストディの問題も解決しないと承認しないと明言した事になる。カストディに関しては日本の金融庁も、取引所に対し保管・管理の改善を求め規制を設ける予定となっており、ウォレット業者に対しても規制を設ける予定で討論されている。

クレイトン氏はICOにつていの質問にも答え「トークンでベンチャーに資金を調達する場合は、セキュリティであるという前提から始めなければならない」と指摘した。

特定のトークンのステータスが明確ではない場合がある事を認めたが「多くは非常に明白」とし「私は貴方に私のトークンを売っています。私はベンチャーを作り上手く行けば、貴方はそのトークンを購入した事に対しリターンを得るでしょう」と述べた。

更に最近2つの登録違反のICOに対し罰金付きで和解した事について「この特定のケースではこれが解決方法だと理解しなければならないが、将来のケースでの解決方法は異なる可能性がある」とし、これが今後のモデルになるとはしなかった。




関連記事一覧