ウズベキスタン国旗

ウズベキスタンが仮想通貨交換業者を誘致の為に税制優遇措置を行うと発表

ウズベキスタン政府が仮想通貨交換業者を誘致する為に、新たな税制優遇措置を行うと発表した。

9月2日、シャヴカト・ミルズィヤエフ大統領が発令した大統領令では、ウズベキスタン国内で営業を開始する会社に対し、仮想通貨関連の収入に新たな課税されない事、仮想通貨と外国の通貨の交換は、既存の外貨規制の対象ではなく、仮想通貨取引所は証券取引所の規制の対象ではないとしている。

この対象になる為には、外国企業はウズベキスタンで子会社を設立し、その後に仮想通貨交換業のライセンスを取得しなければならない。

このライセンスを受ける為の条件として、交換所は約70万ドルの資本が必要になる。更にサーバーはウズベキスタンに設置しなければならない。その上でユーザーに対して、マネーロンダリング対策を行う為に、ユーザーの個人データや取引データを最低でも5年間保存しなければならない。

マイニング業者にもメリットがある。特別に指定された地域において本来必要な土地の取得に関してのオークションを必要とせず、100キロワット以上の電力を使用するマイニング業者に土地を提供する様にとしている。

ウズベキスタン政府は既にタシケントで、ブロックチェーン技術の研究や利用の為の公的機関を立ち上げる意向を発表している。




関連記事一覧