ICO:仮想通貨Veridium(ベリジウム/CRB)購入方法と価格・詳細・上場予定まとめ

仮想通貨Veridium(ベリジウム/CRB)とは?特徴・注目点

Veridium(ベリジウム/CRB)は、Binance(バイナンス)台湾代表がCEOに就任した事で話題になりました。

世界の炭素市場のプロセスを簡略化し自動化を目指す為、炭素クレジットの仕組みみを変革する為のプロジェクト。パートナーにはIBMおよびStellarなど業界のリーダーが揃っている。今後Binance(バイナンスが関わる事も大いに予想される。

炭素クレジットとは、先進国間で取引可能な温室効果ガスの排出削減量証明。地球温暖化対策の一環として、京都議定書で規定された排出権取引で生まれた。

同社はブロックチェーンプラットフォーム「Hyper Ledger」を世界初で採用し、CO2排出権取引所を開発・設立に向けて取り組んでいる。ここでは有効期限や価格の異なる排出権を一括して取引出来るメリットがあり、その取引に利用する為に仮想通貨Veridium(ベリジウム/CRB)を作りました。

 

Veridium(ベリジウム/CRB)の注目点1.世界的な企業群がパートナー

2.難しい二酸化炭素排出権取引を簡略化し市場を活性化させる

3.市場は拡大している

 

排出量市場価格と市場規模

世界全体での排出取引の市場規模拡大を見せているが、そしてどれだけ早く正しい炭素価格を設定できるかと言う部分が問題となっている。取引市場の難しさもあり、動きが停滞気味になっている。

その市場を活性化させる為に様々な企業がパートナーとして集まっている。近年も各国で取引の為の法案は成立しており、スムーズな取引が行えるようになれば、市場が活況する可能性はある。

 

仮想通貨Veridium(ベリジウム/CRB)基本データ

発行元 Veridium
シンボル(通貨記号) CRB
公開日orICO期間 2018年10月1日〜11月30日
総発行枚数と販売枚数 2500万枚(100%)
ICO価格 1 CRB = 10 USD
ソフトキャップ:5,000,000 USD
ハードキャップ:25,000,000 USD
ブロックチェーンタイプ Stellar
ホワイトペーパー こちら
公式サイト こちら
公式ツイッター こちら
公式フェイスブック こちら
公式テレグラム こちら
公式YouTube
DISCORD

 

仮想通貨Veridium(ベリジウム/CRB)の将来性・今後の見通し

拡大している二酸化炭素排出権取引市場だが、その取引の難しさが問題。そこをクリアできるかが成功のカギとなっている。それから、地球温暖化が、そもそも二酸化炭素によるものなのか、地球温暖化しているのかと言う懐疑的な目も多い。今後、この取引が長く続いていくのかと言う点は、不透明だと感じる。

 

仮想通貨Veridium(ベリジウム/CRB)対応ウォレット

Stellar対応ウォレット

 

仮想通貨Veridium(ベリジウム/CRB)の評判・口コミ

仮想通貨Veridium(ベリジウム/CRB)ICObench評価(5点満点)

仮想通貨Veridium(ベリジウムCRB)ICObench評価(5点満点)

仮想通貨Veridium(ベリジウム/CRB)ICOmarks評価(10点満点)

仮想通貨Veridium(ベリジウム/CRB)ICOmarks評価(10点満点)

仮想通貨Veridium(ベリジウム/CRB)TrackICO評価(5点満点)

仮想通貨Veridium(ベリジウム/CRB)TrackICO評価(5点満点)

仮想通貨Veridium(ベリジウム/CRB)当サイト評価(5点満点)

[uberchart id=”24″]

 

仮想通貨Veridium(ベリジウム/CRB)取引可能な取引所、購入方法(買い方)

ICO期間中に公式サイトで購入可能です。上場は排出権取引所「Veridium」で利用可能予定。その他の上場は未定。

 




関連記事一覧